インターネットビジネスにはリアルビジネスには無い強みがいくつかあります。
例えばざっと挙げるだけでもこのようなメリットがありますね。

 

・低コスト、低リスク
・高レバレッジを実現できる
・システム化(自動化)が容易

 

これらのメリットは述べている人も多いので
インターネットビジネスを行う人にとってはお馴染みだったりします。

 

ただ、もう2つ。
リアルビジネスよりも圧倒的に有利なメリットがあります。

 

数字の計測が容易なことと、計測から改善までのスピードが
リアルビジネスとは比較にならないほど早いことです。

 

例えば、初心者でもごく普通に行っているブログのアクセス解析。

グーグルアナリティクスなどを用いれば
ブログに訪れたお客の数を1人単位まで細かく計測できますし
お客がどの記事をどれだけの時間読んだかも計測できます。

 

リアルビジネスではこれは簡単なことではありません。
ネットのアクセス解析ほど正確にお客の動きを計測するのは困難です。

 

さらにリアルビジネスはお客の動き計測から改善までに時間がかかります。

 

例えば雑誌に広告を出したとしても、
広告が雑誌に掲載されるまでに1ヵ月、2ヶ月かかりますし
その広告からどれだけ商品が売れたかの計測にも時間がかかります。

 

広告が売れなかったからキャッチコピーを変えてみたとしても
再び雑誌に掲載して効果を図るまでに1ヵ月、2ヶ月です。

 

 

一方でネットビジネスでは修正、改善が素早く行えます。

 

例えばセールスレターのキャッチコピーを改善するにしても
1ヵ月も2ヶ月も待たなくてはいけないわけではありません。

アクセス解析やクリック解析を見てリアルタイムで改善が行えます。

 

このように数字を見てマーケティングを変えていくことを
アナライズマーケティングと呼んだりしますが
ネットビジネスはアナライズマーケティングと非常に相性がいいですね。

 

 

まぁしかし、これだけ有利な状況にあるに関わらず
『数字の計測』を行っている人は全然いません。

 

ブログの訪問者数、PV数、メルマガ読者数程度しか計測しない人が多いです。
これは非常に勿体ないなーと思います。

 

僕が知る限り、ビジネスで稼げるようになる人は
すべからく細かな数字を全て計測しています。

 

例えば最低でも、これらの数字は間違いなく計測しています。

・メルマガ登録率
・メルマガ内セールスの商品の誘導率
・メルマガ内商品の成約率
・お客のLTV(顧客生涯単価)
・メルマガのLTV(メルマガ1アクセスの客単価)

 

 

逆に稼げない人は上記のような数字の計測をほとんど行っていません。
「なんとなく」「~な気がする」という曖昧な状態でビジネスしてます。

 

なんとなく、●●が悪い気がする…
なんとなく、●●を直した方がいい気がする…

 

メルマガの登録率もわからず、成約率もわからず、誘導率もわからず…。
これではどこを改善しなくてはいけないのかわかりませんね。

 

どこを改善しなくてはいけないのかが解らないということは
「なんとなく」スピリチュアルな第六感に任せて改善を行わないといけないということです。

霊能力者ならまだしも、普通の人間には無理に近いですね。

 

 

僕は個人的に、この違いがプロとアマチュアの決定的違いだと思っています。

 

プロ=数字を計測して適材適所にビジネスしている人
アマ=「なんとなく」「~気がする」でビジネスしている人

 

もしあなたが霊能力者じゃなく普通の人間なら
逐一数字を計測しながらビジネスを行うのがお勧めです。

 

そうすれば即行で全体の1割の少数派になれます。

 

 

PS.

そういえば僕が勤めていたビデオ屋では
朝礼の時に必ず数字の読み合わせということを行っていました。

 

前日の売上がいくらで、進度率は何%で、客単価はいくらで…。

 

アルバイトですらやっていることですから
個人でビジネスやる人はなおさらやらないといけませんね。