• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友人が新商品を仕掛けたいとのことで相談に乗ってきました。

 

商品を作る上で最も売り上げを左右するのがコンセプトです。
商品コンセプトを一言で伝えられるキャッチコピーも相まれば飛ぶように売れます。

 

スピードラーニング ⇒ 聞き流すだけで英語が口から飛び出す
ライザップ     ⇒ たった2ヶ月でこのカラダ
ダイソン      ⇒ 最後まで吸引力が落ちない唯一の掃除機
i pad mini     ⇒ 思い出はここまでクリアになります

 

その他にもプライシング、集客先等も重要になりますが
まずは何よりお客の心にズカッと突き刺さるコンセプトですね。

 

僕は、彼がどのようなテーマの商品を作りたいのかを訪ねてみました。
すると、彼からはこのような言葉が返ってきました。

 

友人「アフィリエイトの集客をテーマにした企画を作ろうと思ってます。」
 僕「なるほど。決めてとなった理由は何かありますか?」

 

友人「集客って難しいし、悩んでる人が多いと思うんですよ」
 僕「!?」

 

それを聞いて、僕は彼に企画作りを一旦ストップしてもらい
その前に『あること』を行ってもらうことにしました。

 

 

あなたは商品を最も確実にバカ売れさせる方法を知っていますか?

 

 

それは、お客が今まさに望んでいる商品を差し出すことです。

 

例えば、ガタガタ震える寒い日に駅前でうちわを配っていたらどうでしょう?
アイドルの顔写真でもプリントされてない限り、無料でも要らないですよね。

しかし、これが真夏の炎天下の中だとどうでしょうか?
我先にと人が群がり、中にはお金を支払ってでもうちわを求める人がいるかもしれません。

 

お客が今まさに欲しているニーズを知ることができれば
飛ぶように売れるコンセプトの商品を簡単に作る出せるというわけです。

 

 

そこで、僕がまず彼に行ってもらったのは『お客を知ること』です。
お客が本当に集客の方法を求めているのか否かのリサーチですね。

 

彼は「集客に悩む人は多いと【思うんですよ】」と言っていました。
思うんですよ、ということは憶測ということです。

 

何の確証も無い憶測を頼りに時間や労力を使っちゃいけません。

企画を作るために1ヵ月、2ヶ月と時間を要した挙句
誰にも売れない商品が出来上がってしまったりしたら悲惨ですから。

 

そこで、彼の顧客にアンケートを取り顧客の属性と悩みを調べてみました。
そしてその結果はこのようになりました。

 

【Q 学んでみたい、興味のあることはなんですか?】

42%・自動化、システム化
25%・文章の書き方(初心者向け)
21%・コピーライティング(販売)
12%・集客(SEO対策)

 

まさかの、集客最下位^^;

 

もちろんターゲットが変われば結果も異なりますので
ターゲットを変えれば順位が逆転するということも有り得るでしょう。

ただターゲットを変えるということは
ビジネスコンセプトそのものを変更することになります。

 

だったらビジネスコンセプトはそのままに
企画の方向性を変えた方が省エネですね。

 

彼の顧客は自動化に興味があるみたいなので
自動化をテーマにした企画を打ち出せば売れやすいということです。

 

どんなに熱意を持って良い商品を用意したところで
マーケティング次第で売上は天と地ほども変わります。

せっかく苦労して作る商品を確実に売りたいなら
顧客の属性リサーチは必ず行った方がいいですね。

 

PS.

ちなみに本当はもっと細かくお客の属性を調べた方がいいです。
年齢、職業、性別、収入…etc.

例えば価格10万円の商品をメインに売りたいのに
10代で収入が少ないターゲットに向けてセールスしても、そりゃあ売れません。

 

あるいはアフィリエイト初心者向けの商品は上級者には売れないし、その逆もあります。

属性に合わせたプライシング(価格付け)も
マーケティングにとって重要なポイントです。