【マンガでわかる】広告画像のクリック率を4倍に上げた方法

脱サラぐらし!とは
このサイトは会社に頼らず自由に暮らす方法を「わかりやすく」「ゆるく」「楽しく」お届けする情報サイトである。
たつもん
今日のテーマは『広告クリック率向上』だ。

たつもんが最近試して効果的だった方法を解説しよう

 

あなたは広告リンクのクリック率に不満を抱いたことはないだろうか。

ちなみに『広告』には有料商品だけではなく、以下も含む。

 

  • ツイッターでブログ記事更新のお知らせをしたとき
  • ブログでメールマガジンのお知らせをしたとき
  • メールマガジンで商品を宣伝したとき
たつもん
もちろんクリック向上には様々なテクや理論があるが…。

全部話していてもキリがない。

今回は『10分で改善する』ことをコンセプトにするぞ

 

当コンテンツで解説するノウハウは以下で活かすことができます。

  1. ブログの人気記事へのリンククリック数改善
  2. SNSからブログ記事への誘導率改善
  3. You Tubeなどサムネイル画像のクリック率改善
  4. ランディングページ、セールスレターの反応率改善
  5. アフィリエイト広告の成約率改善

 

作者たつもん

好きなことを仕事にする、暮らしのプロフェッショナルとして、暮らしを変える雑学やスキルを情報発信している。

販売アドバイザー、広告クリエイターとしても活動していて、年間数千万円の商品販売を成功させてる程度には広告に詳しい。

 

クリック率はアイキャッチで上げよ!

ミア
10分でクリック率向上って…。

なにをすればいいんですか?

たつもん
ズバリ!『アイキャッチ画像』の向上だ!
  1. クリック率向上とは
  2. アイキャッチ画像の質を向上すること

 

これがアイキャッチ画像、クリック率は画像の質で上下するんだ
たつもん
ちなみに↑この画像のクリック率は11%

反応率は3%以上あれば優秀と言われるので11%は結構いいほうである。

インプレッションに対するクリック率は11%である

 

画像の有無よるクリック率の違い

たつもん
百聞は一見にしかず、アイキャッチ画像の有無によるクリック率の差を見てみよう

まったく同じ文面のツイート100インプレッション(表示)あたりの、エンゲージメント(反応数)を調べてみた。

画像があると反応率が4倍に跳ねていることがわかる。

同じツイートでも画像があれば反応率が違う
ミア
同じ内容のツイートでも、画像の有無でこんなに違うんですね
たつもん
もちろん画像は何でもOKなわけじゃない。

ちゃんと反応率が高まる画像の種類がある

例えば以下のツイートは内容と画像に関連性がない。

画像に文字もなく、ただの風景画像だ。

たつもん
これでは当然クリック率は上がらない。

(そもそも風景画像をクリックされても仕方ないのだが…)

 

しかし戦略を練って画像を作ればクリック率が上がります。

以下AとBは同じ記事へのリンクですが画像を変えたらクリック率が変化しました。

画像の質によるクリック率の差
ミア
20倍!?すごい差ですね!

でも確かに、わたしもAよりBの方をクリックしちゃいそうデス

クリック率が高くなる画像には、いくつか『法則』があります。

法則通りに画像を用意すればクリック率を向上することができるでしょう。

 

ここまでのまとめ
  1. クリック率向上はアイキャッチ画像で行え!
  2. アイキャッチ画像の有無でクリック率は全然違う!
  3. だが、どんな画像でもクリック率が上がるわけではない!
  4. クリック率を上げる”法則”に従い画像をつくるべし!

たつもんは画像作りに『バナープラス』や『CLIP STUDIO』という有料ソフトを使用している。

有料に抵抗があるならWindowsのペイントなど無料ツールで作ってもOKだ。

ブログヘッダーは外注よりバナープラスで作る方が旨い

2017.10.19

クリックを狙うなら『大きな文字』を使え!

文章は後回しでいい!広告は見た目で勝負せよ!
たつもん
再確認しておきましょう。

今回のコンセプトは『10分でクリック率を上げる』です

では、短時間で簡単に改善できることとは何か?

  • 文字の大きさ
  • 画像と文字の配置

 

など、見た目に関するポイントです。

そしてこれらの改善は文章の改善より大きな効果があります。

 

なぜなら『何を書いてるか』は、まずこちらを向いてもらえないと読まれないからです。

 

たつもん
広告はまず『読まれない』ことを前提に書くべし

 

ミア
でも、先ほどただの風景画像では反応率が低かったですよね!?

どんな『見た目』を作ればクリック率が上がるんですか??

たつもん
まずは『文字の大きさ』『配置』だね

 

スマホでもすぐ読める大きさで文字を打て!

読者の視線を真っ先に集めるのは以下A~Cのどれか。

画像AからCの中で最もインパクトがあるのはどれか
たつもん
言うまでもなく『C』が最もクリック率が高まる
  • Aは何の主張もなくただの風景画像と同じ
  • Bは文字が書かれてるのはわかるが『読む』必要がある
  • Cは『読む』必要がなく『見る』ことで内容が頭に入る

 

ミア
『読ませる』のではなく『見せる』ことが大切なんですね

例えば『ミリン』という字が目に入ると無意識に『キリン』を連想する方もいるだろう。

下品だが『ウコンの力』という商品名を見て汚物を連想する方もいるのではないか。

 

それは、人は文字を『読む』以前に『見る』ことで認識しているからに他ならない!

 

たつもん
広告は『読ませる』以前に『見てもらう』壁を越えなくてはいけないのである

スマホを想定して画像を作るべし!

近年はネット閲覧のデバイスはスマホが過半数を占めます。

(当サイトを見ている方は7割がスマホです)

スマホで閲覧してもしっかり言葉がわかるように、文字は大きめした方がいいでしょう。

文字をしっかり目立たせろ!

たつもん
文字を目立たせるには『背景と被せない』ことが必要となる
人や建物と被るらないよう広いスペースに文字を配置

 

文字と背景の色は『明るさ』を一緒にせず、コントラストの差で目立たせよう。

背景が明るいなら文字は暗く!コントラストを作る
ミア
色のバランスで『見た目』がかなり変化しますね
たつもん
まずは『見た目』の印象で興味をひこう。

1~3秒で理解できる情報を投げかけるのだ!

キャッチコピーも『見た目』を重視せよ!

たつもん
『見た目』でインパクトを与えて、お客がこちらを向けば、ようやく文章に目を通してもらえる

しかしやはり『一言一句読んでくれる』ことを期待してはいけない。

お客に頭を使わせず感覚で解らせる必要があるのだ。

ポイントは『1~3秒で興味をひく』ことである。

文字はとにかく短ければ短いほどいい。

短い文字は大きく表示できるし、1秒で頭に入ってきますね

 

常識を破壊し「なんで?」という疑問を抱かせよ!

カンタンにキャッチコピーを魅力的にする方法がある。

 

  • ターゲットが抱える常識を破壊すること

 

信じている常識と反する言葉を聞くと「なんで?」と疑問を持ってしまうのが人情である。

そして「疑問を解消したい!」という欲求を人を好奇心と呼ぶ。

たつもん
好奇心を抱かせればこっちのものだ。

あなたの広告は高確率でクリックされるだろう

お客の常識を壊す短いコピーの例
  • 「東大なんて簡単だ」ドラゴン桜
  • 「たった2カ月でこのカラダ」ライザップ
  • 「聞き流すだけで英語が口から飛び出す」スピードラーニング

 

キャッチコピーは『台詞』だ!キャラに台詞を喋らせよ!

たつもん
たつもんはコピーを漫画の台詞のようにすることも意識しているぞ。

なぜなら『生き生きした言葉』に聞こえやすいからだ

たつもん流キャッチコピーの作り方

 

本日のまとめ

たつもん
では、今回の内容をまとめよう
クリック率を上げる画像の作り方
  1. クリック率向上はアイキャッチ画像で行え!
  2. クリックを狙うなら大文字を使え!
  3. 文字は『読ませる』のでははなく『見せる』もの!
  4. スマホでも見える大きなで文字を打て!
  5. 人や背景と文字が被らないよう配置せよ!
  6. 背景と文字の色はコントラストを作れ!
  7. キャッチコピーも『見た目』を意識せよ!
  8. 「短い言葉」「常識に反する言葉」「台詞口調」
10分後にすぐ効果を確かめたいなら以下3つだけ意識しよう!

  • 文字を短く大きく
  • 常識と反する言葉を
  • 台詞口調で語る
ミア
ありがとうございました!

おしまい!

 

編集後記

たつもん
アイキャッチ画像はリリース前にちゃんとチェックしよう

途中で文字が途切れてるとダサく見られてしまいます。

(もちろん全てのメディアで完璧な表示を目指すのは難しいですが)

アイキャッチ画像チェッカーでチェックしてから公開することがおすすめ。

アイキャッチ画像サイズチェッカー

SNSでつぶやく話題にどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

たつもん

「好きなことで暮らす」を合言葉に14歳で学校をやめ、19歳で趣味を仕事にしはじめる。

インターネットで「暮らしの雑学」を発信しつつ、クリエイター(販売者)とファン(お客)を繋げる活動に注力している。

【以下、これまで仕事にしてきた趣味】
プロ漫画読み・絵描き・ゲームクリエイター・映像クリエイター・ゲーム実況者・作曲家・作詞家・編曲家・パフォーマー・ビジネスコンサルティング・販売アドバイザー