仕事は1日1時間!その計画の実現法をゆるーく話す

ブログ・ツイッター情報発信で稼ぐ人がかならず書く2つのこと

脱サラぐらし!とは
このサイトは会社に頼らず自由に暮らす方法を「わかりやすく」「ゆるく」「楽しく」お届けする情報サイトである。

最近、雇われず生きる脱サラぐらしを目指す方々が増えている…。

それはきっと、こんな理由からだろう。

 

  • 雇われず”好きなこと”をして生きたい
  • パソコン(スマホ)一つで世界中を自由に飛び回りたい
  • 周囲に尊敬され、愛されてながら仕事したい

 

ミア
ブログやツイッターで情報発信する方が多くなりましたね
たつもん
いいことだ!ガンガン自分らしく生きるよろし!
だが、何を書けばいいかわからないと悩みを抱える人も多いので、その悩みの解決法を話そう

 

ブログやSNSで何を情報発信すればいいのか

たつもん
まず前提として、情報発信は読者に『価値』を提供するものである。

なので読者に『この人の情報は価値がある』と認識してもらうことが大切なんだな

ミア
うーん、でもそれが難しいですよね。

読者さんにとって『価値』とはいったいなんなのか…

 

ブログやSNSで発信できる情報は数多くあります。

しかしそれらは読者にとって価値ある情報でなくてはいけません。

こういう情報発信は必要なし!
利益度外視のプライベートで情報発信するなら上述したどうでもいい情報もOK。

しかし『ビジネス』として情報発信するなら話は違ってくる。

利益度外視ではいけない!読者には『利益』『有益』を与えなくてはいけないのだ!

 

『生き方』を価値にせよ!

たつもん
では、どのような情報なら読者に価値を感じてもらえるだろうか。
ミア
やっぱり、読者さんの疑問や悩みを解決してあげることではないでしょうか?
もちろんそれもありだが、それだけではキビしい
ミア
あぁ~、でもわかりますね。

確かにネットの調べものって答えがわかればそれで終了ですもん

たつもん
それな。

読者の疑問に答えることはもちろん大事なのだが、それだけでは弱いんだ

生き方を価値にせよ!情報発信はライフスタイルの発信だ!

 

ライフスタイル(生き方)を提案せよ!!

そうすれば読者にとってあなたは『目標』となる!

あなたの生き方そのものが価値となるのだ!

 

情報発信ビジネスとは読者にライフスタイルを提案することなのである。

 

誰でも言える教科書のような情報を羅列するな!

たつもん
人と同じ発信は行わない方がいい。

「その他大勢と同じ」と思われた瞬間、信頼が下落するからだ

あなたは、その他大勢と同じ人間になってはいけない。

読者にとって唯一無二の存在にならなくてはいけない。

 

では、どうすれば読者にとって唯一無二の存在になれるのか。

簡単なこと、人とは違う情報発信をすればいいのです。

 

たつもん
例えば知識を語るにしても『体験談』を交えてみよう。

あなたが話す知識は、あなたの生活の一部だと読者に伝えるのだ

ミア
生き様をつうじて、知識や経験を伝えていくんですね
たつもん
言葉だけでなく、背中で語るってことよ

ためしに情報発信で成功している方々を観察してみましょう。

彼らは決して、辞書や説明書のような発信は行っていないはずです。

 

なぜならそのような発言は『誰がやっても同じで影響力がない』ことを知っているから。

 

ゆえに、彼らは人の価値観をひっくり返すことに情熱を燃やします。

相手の『人生に』影響を与えようとしているのです。

 

本日のまとめ

たつもん
では、今日の内容をまとめてみよう
ブログやツイッターで発信すべきこと
  1. 情報発信は読者に価値を届けることでビジネスとなる
  2. どうでもいい発信はしない、有益さをとどける
  3. 疑問に答え、悩みを解決するだけでは弱い
  4. 情報発信ビジネスとは、生き方を提案すること
  5. 他の人と違う、あなたの体験を発信せよ
  6. 知識は体験とともに『背中で』語ろう
  7. 成功している人を観察してみよう
  8. 成功者は相手の人生に影響を与えることを意識している
たつもん
とくに大事なのは『7』『8』だね。

成功しにくい人ほどノウハウばかり発信しているんだ

 

一方、成功しやすい人はこうです。

  • 人生に影響を与える
  • 相手の価値観をひっくり返す

 

情報発信は以上2点を重要視しましょう。

ミア
ダンケシェーン!ありがとうございました!

SNSでつぶやく話題にどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

たつもん

「好きなことで暮らす」を合言葉に14歳で学校をやめ、19歳で趣味を仕事にしはじめる。

インターネットで「暮らしの雑学」を発信しつつ、クリエイター(販売者)とファン(お客)を繋げる活動に注力している。

【以下、これまで仕事にしてきた趣味】
プロ漫画読み・絵描き・ゲームクリエイター・映像クリエイター・ゲーム実況者・作曲家・作詞家・編曲家・パフォーマー・ビジネスコンサルティング・販売アドバイザー