2年程前に脱サラして独立起業した友人のビジネスが軌道に乗り始め
見込み年収が2,000万円を突破しそうです。

 

彼が行っているビジネスは販売やマーケティングの情報コンテンツ販売。
まだ20代ですし、2年間で年収2,000万円到達なら御の字ですね。

 

自動での集客、自動での販売の仕組みも完成しているので
今後は彼が何か手を動かさずとも収入は雪ダルマ式に増えていくでしょう。

(※)自動化目指すなら雪ダルマ式に増やすのがポイント

 

ここ1年はビジネス漬けの毎日を過ごしていたので
半年くらいフラフラと旅することを考えているそうです。

 

「どこか行きたい所はあるの?」と聞いても「解らない」とのこと。
とりあえず日本一周でもしながら考えると言ってました。

 

しかし、そう話す彼は遠い目をしていました。

 

彼は1年程前に、3年間付き合っていた彼女と別れました。
(我武者羅にビジネスを頑張っていた時期です)

 

思い当たる理由は色々とあるみたいですが最後のケンカの原因となったのは

 

・27歳にもなって貯金が全然無かったこと

・会社員ではなく起業という道を選んだこと

 

だそうな。

まぁ彼から一方的に聞いた話なので真相は知りようがありませんが…。

 

1年前の彼は年収300万円ほどありましたが貯金残高は数万円でした。
得た収入のほとんどをビジネスへの投資に回していたからです。
(ノウハウ、設備環境、広告費等々)

 

一方で、彼と同い年ぐらいのサラリーマン達を見てみると
300万円、400万円と預金残高を増やしていたりします。

 

だから彼女さんも焦ってしまったのかもしれません。

 

周囲は友人はどんどん結婚していくし
女子会では彼氏、旦那の収入自慢、預金自慢もあるかもしれませんしね。
(勝手な想像ですけど)

 

彼女さんから見れば彼が行うビジネスへの投資は
よく解らないことに対してドバドバお金を使うだけの浪費に見えたのかもしれません。

 

 

ただ、彼はドバドバと投資にお金を回したおかげで
20代で年収2,000万円という収入を手にしました。
(まだ見込み利益の段階ですが99%達成するでしょう)

 

普通の成金ならそこで安心することはできないかもしれませんが
彼は販売やマーケティングの知識を売っているプロ中のプロです。

 

世の中は商品を作れる人より売る人の需要が圧倒的に高いので
彼が収入が10年、20年そこらで失われることは考えにくいです。

 

仕組みを自動化する際にポートフォリオを組んでリスク分散もしてるんで
サラリーマンが突然のリストラや会社が潰れて露頭に迷うリスクに比べたら
彼の収入が突然0になるリスクは極端に低いでしょう。

有名企業のサラリーマンよりよほど安定物件ですね。

 

それどころか、仕組みの中で販売している商品の価格を上げれば
月収1,000万円、年収1億円以上も余裕で射程圏内だと思います。

 

仮にビジネスが5年しか持たなかったとしても
その5年で5億円稼げば彼は余裕で人生の勝ち組ですね。
(サラリーマンの平均生涯年収は約2億円です)

 

「ほら!あいつのビジネスは5年で潰れたぞ!」と
意気揚々と後ろ指を指しながら、いそいそ出勤するサラリーマン達を後目に
彼は預金5億円で悠々自適にフラフラとリタイア生活です。

 

インターネットビジネスは経費がまったく掛からないので
廃業するとしても膨大な借金を背負うようなこともありません。

 

金銭的裕福さだけを考慮して結婚相手と想定するなら
彼は医者や弁護士よりも遥かに優良物件に見えます。

 

ただ、世間的にはそうでもないみたいです。

 

年収2,000万円で貯金5万円の起業家よりも
年収500万円だけど貯金500万円の会社員の方が優良物件なんだそうな。
(もちろん人によると思いますが、傾向として)

 

この国ではとにかく貯金、就職が神聖なものとして崇められていますからね。

 

年収2,000万円の起業家になることより
年収500万円の公務員になることの方が敬われます。

 

100万円投資して収入を1,000万円アップするより
100万円貯金して今日も明日も生活を切り詰める方が尊がられます。

 

彼以外の起業家からもそのような話は聞きますし
僕も今だに「就職できず可哀想に」とか言われることがあります。

 

 

30年も40年もやりたいこと我慢してコツコツ貯金するより
一時期投資して収入をアップしてしまった方が遥かに豊かになれると思うんですけどね。

 

例えば月収が100万円超えだすと、生活を切り詰めなくても
毎月40、50万円以上勝手に貯金が増えていきます。
(よほど無茶な浪費でもしない限りは)

 

前述したようにリスク分散しておけば
突然収入が0円になるリスクも限りなく低いです。

 

その方が自分も、親も、嫁(旦那)も、子供も、
みんなが幸せになれると思います。

参考記事:仕事辞めたら家族全員幸せになれた友人の話

 

21世紀になって20年以上経つわけですし
いい加減『雇われる』以外の選択肢が市民権を得てもいいはずなんですけどね。

 

月収100万円の不労所得を作ることは簡単とは言いませんが
会社の給料を上げるより遥かに難易度が低いです。

 

毎月コツコツ貯金して500万円貯める道を選んだ人より
個人でビジネスやって月収200万円とかに伸ばした人のほうが
圧倒的に早く500万円の資産が貯まります。
(貯めてどうすんだって感じですが)

 

人生は短いので、楽な道を選んだ方が幸せになれそうですね。