仕事は1日1時間!その計画の実現法をゆるーく話す

自由な人生を実現する方法

脱サラぐらし!とは
このサイトは会社に頼らず自由に暮らす方法を「わかりやすく」「ゆるく」「楽しく」お届けする情報サイトである。

今日もまったり楽しんでいきましょう(^ω^)

 

世界を見渡してみると現代日本はとても自由な国です。
職業を選ぶことができるし、一応言論と表現の自由もあります。

 

もちろん時には息苦しく不自由に思えることもありますが
近代史における他国の情勢と比較すると
とても恵まれた国と時代に生まれたな、と感じます。

 

そう、冷静に考えればそうなんです。

 

国内を巨大な壁で無理やり分断されてるわけでもなく
政府への陰口を叩けば牢にブチ込まれるわけでもありません。

 

農民の子は農民…というわけでもなく
親の身分に関わらずにお金持ちを目指してビジネスすることもできます。

 


なのに、この不自由感はなんだろう?

 

20代の頃、時給900円でアルバイト生活をしていた僕は
いつもいつもそのようなことを考えていました。

 

朝日が昇ると同時に仕事に向かい、日が落ちるまであくせく働く。

家に帰ると時計の秒針に追われるように食事等を済ませ
束の間のプライベートな時間に羽を伸ばすも
翌日の朝に備えて無理やり電気を消して布団に入る…というループ。

 

束の間の休日を得てもヘトヘトで体力を充電するだけで終わることもあるし
思い切り遊ぼうにも薄給では楽しめることも限られてしまいます。

 

そんな日々も半年や一年ならなんとか頑張ることもできますが
2年、3年と繰り返すと精神が悲鳴をあげていきます。

 

そして「何だ?この監獄のような日常は」と不自由を感じるものです。

 

どうやら当時の僕と同じように考えている方はとても多いみたいでした。

 

贅沢な悩みだと思いますが権利で認められている自由だけでは人生の幸福感は得られず
もっと別の『何か』がなければ自由な人生を実現したと実感できない方が多いのです。
(もちろん僕も含めて)

 

自由だと実感を得るために必要な『何か』とは

 

ではその『何か』とは何か。僕の経験上、これらです。

 

お金、時間、行動の自由、思想の自由、安心

 

このどれかが欠落すると、途端に不自由感が生まれます。
(※)無論、全ての人がそうだとは言いませんが一般的に

 

例えば時間と行動の自由があっても無一文ならホームレスですし
お金と安心があっても消費する時間がなければ欲求不満が溜まります。

 

お金、時間の安心があっても思想をや言論を制限され
誰かの言いなりにしかなれないならやはり精神的に不自由です。

 

総じて言うと精神的に「自由だ!」と感じることができないと
お金があろうが、時間があろうが、幸福感を感じることはできないわけです。

 

そしてそのためには上述した5つの『何か』を得る必要があります。
(※)ゼロから始める不労生活も読んでミテネ(`・ω・´)

 

ところが一般社会にて個人がその5つを得ようと頑張っても
それを邪魔をしようと立ちはだかる障壁があります。

 

『自由』の権利は認められているはずなのに全然豊にならない。
僕よりはるかに頑張ってる方々も、辛く、厳しい生活を強いられています。

 

では何が悪いのか?それは一般社会の労働環境システム
そして不自由を良しとする周囲の価値観としかいいようがありません。

 

ということで自由な人生を実現するには第一に
『雇われる』という状況をやめて独立した収入源を得なくてはいけないです。

 

既存のシステム、価値観とは距離を置かなくてはいけません。

 

 

次に安定した資産による収入(不労所得)を構築することが必要です。

 

会社を辞めて独立したところで死ぬほど忙しい労働に追われたり
まったく稼げなくて安心感皆無な状態では意味がありません。

 

まぁ仕事が大好きで楽しいと思えるものなら全然OKなんですが
大抵の人にとって仕事は何かを成すための『手段』なので
仕事の時間が増えれば増えるほど不自由感が増すのが一般的です。

 

よって時間=収入という図式を破壊するために不労収入が必要。

 

そして収入が不労化すれば人生の悩みの大半が解決します。

 

大半の人が人生に不自由を感じる理由の多くには
『お金』『時間』が絡んでいるからです。

 

もちろん安定感がない不労収入では安心を得ることができないので
しっかりリスクマネジメントをする必要もあるでしょう。

 

不労収入を構築する要素

 

ここまでの要点をまとめると、自由な人生を実現する方法とは…。

 

・誰かに指図されず独立した収入源を持つ(思想の自由)

・労働力ではなく不労所得で生計を立てる(お金、時間、行動の自由)

・長期間安定するようにリスク分散をする(安心)

 

以上3つを達成することです。

 

これらを達成することはネットが発達した現代では非現実的なことではありません。

 

例えばYou Tuberが過去に投稿した映像の広告収入を得てるのも不労収入だし
アマチュアバンドがHPやi Tunesにアップした楽曲配信で収入を得るのも不労収入。

 

もちろん動画の広告収入や音楽配信で生計を立てるのはかなり大変なので
客単価が高く、広く需要のある商品を販売できる仕組みを保有する必要がありますが
アパート収入や株の配当金を当てにするよりよほど現実的でハードルが低いと思います。

 

何よりネットは仕組みを保有するための金銭的ハードルが低い。

 

例えば僕の知り合いにはブログをネットショップのような作りにして
さほど更新もせずに毎月自動で収入を発生させ続けている方もいますが
その方がブログを維持してるコストは月額300円?とかです。

 

不動産を複数所持してリスク分散するのは資金的ハードルが高いですが
ブログを複数個所持してリスク分散するのは金銭ハードル低いですしね。

 

インターネット上に自動販売機のような収入源を複数持つ

 

それが達成できれば前述した3つの条件を満たせます。

 

手段として用いるのはブログでもメルマガでもYou TubeでもSNSでも何でもいいです。
キャッシュポイントにはアフィリエイト広告(※)を用いればいいと思います。

(※)アフィリエイトとはなにか

 

もっと具体的な方法は検索すればゴロゴロ転がってますし
色々調べるのが面倒なら僕のゼロから始める不労生活を参考にどうぞ。

 

現代日本はやはり自由になりやすい

 

以上のように、やはり現代日本は非常に恵まれています。
大半の人が文字の読み書きができて、インターネット環境を持っています。

 

そしてネット環境とわずかな軍資金があれば
誰でも前述したような仕組みをネット上に保有できるのです。

 

一昔前だったら人生賭けて不動産物件に全財産をぶっ込むぐらいしか
人生を打開する方法はなかったんですけどね…現代人デヨカッタ(´・ω・`)

 

まずはメディアを保有して『影響力』を持ちましょう。

 

あなたを既存の労働システム、既存の価値観から解放してくれるのは影響力あるメディアという資産です。

それを構築する知識という矛を持てば誰でも戦えます。

 

SNSでつぶやく話題にどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

たつもん

「好きなことで暮らす」を合言葉に14歳で学校をやめ、19歳で趣味を仕事にしはじめる。

インターネットで「暮らしの雑学」を発信しつつ、クリエイター(販売者)とファン(お客)を繋げる活動に注力している。

【以下、これまで仕事にしてきた趣味】
プロ漫画読み・絵描き・ゲームクリエイター・映像クリエイター・ゲーム実況者・作曲家・作詞家・編曲家・パフォーマー・ビジネスコンサルティング・販売アドバイザー