僕がアルバイトしていた店は大学生と夢追い人が多く
みんな『就職』を1つのゴールとして頑張っていました。

 

『就職するまでの束の間の生活を支える場所』
それが僕らがアルバイトに抱いていた共通認識です。

 

僕は結局、就職せずに個人でビジネスする道を選んだのですが
仲間達はバイトの傍ら必死に就職活動して新しい職場を探していました。

 

そして1人、また1人と就職先を見つけて旅立っていきます。

 

残された者たちはその度に、彼らの門出を派手にお祝いしました。
口々に飛び出す言葉は決まって「おめでとう!」です。

 

そりゃあおめでたいに決まっています。
彼らはこの先、今までの倍以上の給料が約束された地へ向かうのですから。

 

正社員になれば社会的信用も高まりますので世間体も良くなります。
とある友人は就職を機に、長年付き合った彼女と結婚するつもりだと話していました。

 

正社員になれば、今よりお金が裕福になる。生活が楽になる。
僕らは当たり前のように、そう認識していました。

 

アルバイトは週5で必死に頑張っても、月の給料はせいぜい15万円。
社会保険料や生活費を差し引けば残るのは雀の涙です。

 

もちろん生活レベルを落とせば手元に残るお金は増えます。
しかし、そんな我慢、我慢の生活を続ければ幸福度が著しく下がります。

参考記事:労働時間と出勤日数が短い仕事とは

 

ところが良い会社に就職できれば、同じ週5日労働でも給料が10万円以上上がります。
そうなれば無理して生活レベルを下げる必要もありません。

 

就職とは、今よりマシな世界の扉を開くことである。

僕らはそれを疑っていませんでした。

 

 

ところが、就職して華々しく店を卒業していった彼らの一部は
新しい職場で1年と持たずに、そそくさとアルバイトの身に戻ってきました。

 

せっかく手にした月収アップを手放してまで、なぜ??

 

理由は単純です。

収入はアップしたけど、職場環境が劣悪になったのです。

 

前述した友人が就職した企業は典型的なブラック企業でした。
もちろん、以下のオプションは標準装備です。

 

・サービス残業(当然!)

・強制参加の飲み会(会費は割り勘ね!)

・休日出勤(いつも笑顔で会社に奉仕!)

・パワハラ(みんなイライラしてるからさ!)

 

彼の給料はアルバイト時代より遥かにアップしましたが
同時にストレスもアップしたので人生の充実度は著しく下がりました。

 

そして彼は逃げ出すように仕事を辞めて、アルバイトに舞い戻りました。

 

どうやら人生には金より大事なものがあるみたいです。

 

もちろん、お金が大事じゃないわけではありません。
今どき、綺麗ごとだけで幸せになれる人はいないでしょう。

 

お金の多さは人生の選択肢の多さですので
お金がなきゃ人生の楽しみは制限されてしまいます。

 

かといって、給料が増えたから幸せになれるのか?というとそれも違います。

 

お金は結局、何かを得るための手段に過ぎないからです。
(その『何か』は人により違うと思いますが)

 

例えば給料が上がっても尊厳が下がってしまうなら
その生活は耐え難いものがありますね。

 

人間らしい生活ができないなら金があっても仕方ありません。

 

僕も元々は、そのような動機でビジネスを始めました。

 

僕は自由になりたかったのです。

 

たった一度の人生が、労働で過ぎ去るのが苦痛でした。

やりたいことができず、やりたくないことを強制されるのが苦痛でした。

言いたいことを言えず、言いたくないことを言わされるのが苦痛でした。

行きたい所に行けず、狭い店舗に拘束され続けるのが苦痛でした。

 

僕が自由になるには、雇われるのを辞めるしかありませんでした。

 

だからといって収入も無しに仕事だけ辞めたらホームレスです。

 

前述したように人生の選択肢の多さはお金に比例するので
お金が無ければ今よりもっと不自由になってしまいます。

 

なので個人でビジネスをはじめました。
その選択が僕の人生を救ってくれたように思います。

 

収入を増やすことはもちろん大事かもしれませんが
それ以上に『どのように収入を得ているか』が幸福度を上下させます。

 

僕と似たように自由を求める価値観の持ち主は
就職、転職で人生の幸福度が上がることはないでしょう。

 

職場環境が多少良くなろうと、給料がアップしようと
雇われていては必ず不自由があるので、どこかで不満が爆発します。

 

なら基を絶つこと。

 

お金の稼ぎ方そのものを変えた方が幸せになれるんじゃないかと思います。

事実、そうすることでストレスフリーな生活を手に入れる人が増えてる時代ですので。