• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自由な起業家を目指してネットビジネスに取り組んでいる友人がいます。

 

彼のことは以前も記事の話題で取り上げたことがあるのですが
彼はアフィリエイトというネットビジネスを学びたい人に向けて
繊細で高度な購入者サポートを売りにしたサービスを展開していました。

 

 

彼はわずか1万円ほどの報酬で馬車馬のように働いてくれます。

 

購入者一人一人に音声やPDFで個別のマニュアルを作成し
寝る間も惜しんで購入者に手取り足取りサポートを施し
いつしか自分のブログやメルマガを更新する暇もなくなるほどサポートに時間を費やしました。

 

せっかく会社勤めを辞めてビジネス1本の生活を手に入れたというのに
朝から晩までパソコンの前でメール返信に追われるという毎日です。
(ブラック企業の会社員とさほど変わりありませんね)

 

当然、新しいサービスのプロモーションや新規セールスをする暇もないので
収入は頭打ちになり伸びていく兆しが見えません。

 

 

彼もさすがにその費用対効果の悪さに気が付いたらしく
今は高度なサポートを封印したサービスの展開にシフトしています。

 

実際、僕から見ても彼が行っていたサービスは対価に見合っていませんでした。
本来はそれだけ高度なサポートを施すなら50万、100万円いただいても安いぐらいですよ。

 

 

彼のサポートのおかげで月5万円以上のネット収入を得られるようになった人は多いです。

 

月5万円の収入が得られるようになったなら50万円なんか10カ月でペイできます。
世の中のビジネススクールの相場を見比べても破格の安さといえるでしょう。

 

本来50万円でも売れるサービスを1万円で提供することはすなわち

朝から晩までメールを返信するストレスを抱え

睡眠時間を削って頭を悩ませ

趣味や夢を後回しにして49万円をドブに捨てるという行為です。

 

 

それが望んだ人生という人にとっては全然苦にはならないかもしれませんが
彼の人生の目的は僕と同じように時間やお金に縛られない自由な起業家になることなので
自らの労働力を売りにしたサービス展開では永遠に目的を達成することはできません。

 

 

自由になりたかったら、1秒たりとも働いちゃ駄目です。絶対。

 

 

もしあなたが自由を目指すなら是非、意識してみてください。
あなた自身が収入の仕組みを回していては自由は永遠に訪れません。

 

あなたが自分の労力によって仕組みを回すということはすなわち
手を休めることは収入の仕組みのストップを意味します。

 

仕組みの動きが止まれば収入が止まるのが必然ですので
これから先の人生を、ずっとお金のために働き続けなくてはいけなくなります。

 

 

彼の収入の仕組みが典型的ですね。

 

彼はサポートという自分の労力によって収入を増やしていたので

顧客が増えれば増えるほど労力が圧迫されて収入が頭打ちになっていきます。

 

お金を稼げばお稼ぐほど、彼の自由な時間は減っていきます。
それでは当然、自由が訪れるわけがありませんね。

 

 

労働力を増やしてお金を稼ごうとするのはNGです。

 

労力が必要になる部分は徹底的に排除するか、
システムやツール、あるいは従業員に行わせる仕組みを作らなきゃいけません。

 

将来的に1秒も働かないことを前提にビジネスモデルを作った方がいいですね。
1秒でも働く時間が必要な仕組みなら、そこに自由はないです。

 

 

もちろん仕組みを作るためには、それなりに作業が必要になりますし
最初から寝てるだけで不労所得が得られるような甘い話はないでしょう。

 

ただ、頑張るという行為の先には『頑張らなくていい未来』があるべきです。

 

頑張った先に、更に頑張らなきゃいけない未来が待っているのだとしたら
早急に軌道修正を施した方がいいですね。

 

時間の自由度と人生の充実度は比例しますから。

 

 

PS.

 

そういえば収入を自動化して、いよいよやることがなくなってきた頃。
ニートのように何もしていない僕の様子を見て親がオドオドと心配していました。

 

仕事をしている様子がまるでなく、
毎日フラフラ漫画読んだりしてるだけだから無理もないかもしれません。

 

仕事が軌道に乗ってきたら忙しくなるのが一般的ですからね。

 

でも収入の仕組みを自動化すると、その認識とは逆のことが起こります。
ビジネスが上手くいけばいくほど、どんどん暇になっていくのです^^;

 

世間的には忙しく仕事をすることがステータスと見られることもありますが
自由人たちにとっては「働いてない」ことがステータスですね。

 

たいして忙しくない人ほど充実しているということです。
(ちゃんと収入があればの話ですが)