たまに弱気になってしまったり、落ち込んだりするときには
エナジードリンクのように心を奮い立たせてくれる何かが欲しくなります。

 

そんなとき、僕が好んで読んでいる漫画がこちら。

 

『最強伝説 黒沢』

 

カイジで有名な福本伸行先生の作品です。
(そういえばホリエモンこと堀江貴文氏も本作をおすすめしてました)

 

中年のおっさんが社内の人望が欲しくて
あれこれ試行しては空回りするギャグ漫画ですが、侮るなかれ。

 

福本伸行独特の偽りない、綺麗事ないおっさん達の姿や
随所に見られる熱い名言が心に突き刺さるんだこれが。

 

テーマは『男』そして『矜持』『尊厳』
人生とは?誇りとは?人間とは?それを考えさせられる作品。

 

 

人生、生きてれば色んなことがあります。

夢や目標を諦めそうになることなんか日常茶飯事。

自分の行く先を見失うことなんかしょっちゅう。

 

そんな時、苦しいとき、辛いとき、
僕は冗談抜きに黒沢の言葉に背中を押されて歩んできました。

 

中でも、深く心に突き刺さった名言がこちら。

 

最強伝説黒沢 第11巻より

 

損得だけで生きて何になる…?

ましてや安楽…あるいは安全…そんなものだけを追って…生きて…何になる…?
そんなことはミジンコ…ゴキブリだってやっている…!

 

違うっ…!違うっ違うっ…!そうじゃないっ…!
オレ達人間は…人間ってのは…それ以上の…何かだろう…!

 

それ以上の何か…つまり…人間を…人間足らしめている…心…!感情がある…!

 

それは…たぶん…少しでいいから…一歩でいいから…
ましな人間になろう…という気持ちだろう…!

 

オレが…オレのヒーローであろう…という気持ちだろう…!
つまり…矜持だろう…!

 

もし…もしそれを…本当にすべて…失ってしまったら…
それこそが…本当の意味での…敗者だろう…

 

 

僕はブログやメールマガジンの情報発信で飯を食ってるわけですが
僕の情報発信の根源にはいつも黒沢のこの言葉があります。
(僕の文章はかなり福本先生の影響を受けている)

 

「今よりましな人間になろう」「オレがオレのヒーローであろう」そんな気持ち。
特に、働く男性は痛いほど共感できてしまうのではないからしら。

※ちなみに彼女や母親にもおすすめした所、見事にハマッてました。
男性だけでなく女性でも楽しめるもよう。

 

熱く心を奮い立たせたいときに、ぜひ読んでみてもらいたい作品。
どうしようもないおっさんの生き様にホロリと涙できます。

 

「俺の人生…こんなとこで…終わっていいはずがないっ…!」
と日常的に思っている方に特におすすめですね。勇気をもらえます。

興味あれば手に取ってみてください。
(古い作品なのでブックオフに行けば置いてあるはず)

 

PS.

ちなみに、友人の起業家(会社員、バイト経験なし)に対し
最強伝説黒沢に共感できるポイントを語ったところ…。

 

『でも、そいつは何も積上げなかったから勝手に苦労してんでしょ?』

 

どうやら、会社員やバイトの経験がない人間には
黒沢に共感して泣けるポイントはないみたいである(笑)

 

 

PPS.

ちょっとマニアックな視点で語ると…。

福本伸行さんのように読者の心をグラグラに揺さぶれる文章が書ける人は
情報発信ビジネスでも有利だろうなーと思います。

 

変な文章教材とか読み漁ったりセミナーに参加するより
自分自身が何かに感動した方がよほど勉強になりますね。

 

漫画、映画、小説、なんでもいいと思いますが
日常に感動を求め、その感動を人に伝えようとする人の文章は
お客、読者の心を掴みやすい傾向にあります。

 

そして黒沢は『共感した』『感動した』という意見が多い作品です。

そういった作品を読み解いて分析し、
人がどういう言葉に感動するのかを探ってみるのも良い勉強になりますね。