僕らはよく仲間内で『架空収入』について盛り上がります。
架空収入とは、まだ収入が確定していない見込み利益のことです。

 

インターネットビジネスはアクセス解析のツールが優秀なので
お客1人単位での正確な見込み利益の計算ができます。

 

例えばブログに何人の読者が訪れて、どんな記事を何分間みたのか?
どの記事を読んだ後に、どの記事へと進んだのか?

 

そのようなことを逐一正確に計測することができます。

参考記事:アナライズマーケティングというもの

 

リアルビジネスではこのように正確な計測は難しいので
インターネットビジネスならではの利点と言えますね。

 

よって、ネット上ではリアルビジネスに比べて見込み利益計算が正確なのです。

 

なので架空収入を伸ばしていけば、高確率でリアル収入も伸びていきます。
(1人当たりの見込み利益=LTVと呼んだりします)

 

例えば収入の仕組みにお客が一人訪れるといくらの見込み利益になるのか?
それを計算して弾き出していれば、戦略の有り方も違ってきますね。

 

仮にお客一人あたりの生涯顧客単価が2,000円なら
仕組みにお客を一人集客することが2,000円の利益と等しいことになります。

 

だとしたら2,000円以下の商品を頑張って売ろうとするより
仕組みに集客した方が遥かに費用対効果が大きいです。

 

ところが見込み利益の計算をしていない場合は
2,000円の商品を売るために特典をプッシュしたり、レビューを見直したりと
費用対効果が悪い方向への改善ばかり行ってしまうことがしばしば。

 

より低労力で効率よくビジネスしたければ、目に見えるお金だけではなく
目には見えないお金を積み上げていくことも考えなくてはいけませんね。

 

とんちんかんな修正と改善をやってると下手すりゃ成功が一世紀ぐらい遅れますが
目に見えない収益の計算を行って的確な修正と改善が行えるようになれば
より素早く、確実にゴールまでの最短距離を歩めるようになります。

 

あとビジネスがシュミレーションゲームみたいに楽しくなってきますね。
んで、楽しくビジネスできる人は高確率で伸びます。
(ゲームに夢中になって時間を忘れる心理)

 

スマホの電卓弾くだけで誰でも行えることなのでお勧め。

 

 

PS.

僕がビジネス初心者の頃から夢中になってたのが数字ゲーム。
毎日ひたすらアフィリエイトリンクのクリック数を計測していました。

 

アフィリエイトリンクのクリック数を計測すれば、おおよその未来予測ができます。
例えば、これらの情報を得ることができたりする。

 

・メディアにアクセスしたお客の何%がアフィリリンクをクリックするのか

・アフィリリンククリック数の何%が商品成約に至るのか

・成約商品の売上平均はいくらか

・目標の収入を得るには、メディアのアクセスをどのぐらい伸ばせばいいのか

 

まだ初心者だった頃、この数字の予測が楽しくて楽しくて
毎日のようにアフィリエイトリンクのクリック数を計測していました。

 

少しでも数字の変化が無ければモチベーションが上がらない人は
楽しむことができるんじゃないかと思います。

 

どの数字を上げれば目標に到達するのかが分かれば
いま何をすべきかも明確になりますしね。

 

ちなみに僕の学生時代の数学の通信簿は毎回1。
ビジネスの数字計測は学力関係無しに楽しめるようです。