• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑貨作りが趣味な僕の彼女が最近ビジネスをはじめました。
彼女が作った手作り雑貨を知り合いのお店に置いて販売しています。

 

人生を賭けて大金を狙ったりしているわけではなく
趣味の延長線上で緩く、楽しくやっているみたいです。

 

1つ数百円の小物雑貨の販売なので、月に5万円ぐらい稼いで
お小遣い程度にできたらいいな、と考えているそうです。
(ちなみに彼女は商品販売経験ゼロ。ビジネス知識ゼロです)

 

商品が売れたという連絡は中々入らず彼女は凹んでいたのですが
3週間ほど経ったある日、商品が売れたとの連絡がお店から入りました。

 

おばあちゃんが孫へのお土産として買ってくれたそうです。
その連絡を聞いた彼女は飛び跳ねて喜んでいました。
「自分の商品は売れるんだ」という自信にもなったことでしょう。

 

 

でも、そこからまたパッタリと売れた連絡は届かなくなりました。

 

街の雑貨屋さんの中の一つの棚で売られている商品が
いきなり飛ぶように売れるというのは中々難しいでしょう。
(その雑貨屋さんが悪いのではなく、棚一つで売れる数に限界があるということ)

 

彼女は、できればもっとたくさんの人に商品を買ってもらいたいと思い
知人・友人、家族の知り合いまで幅広く商品を宣伝しました。

結果、1週間で20個近くの成約に至ったそうです。

 

もちろん、それは一時的な裏技なようなもので
何度も続くようなことではありません。

 

化粧品などは一度買った人がリピート購入もしやすいですが
雑貨は一度買えば二度目に買う理由が薄いので
友人や家族の知り合いがリピート購入してくれることは期待できないでしょう。
(しかも彼女の雑貨は丈夫なので一度買えば買い替えの必要がない)

 

 

無論、そんなことは彼女も承知ですので
新たな販売方法を模索することとなりました。

 

フリーマーケットで出品しようか。
商品のバリエーションを増やそうか。
twitterをはじめてフォロアー増やして宣伝しまくろうか。

 

そこで僕はこんなアドバイスをしてみました。

 

「フリマアプリ使ってネット販売でもやってみたら?」

 

実は彼女も頭の片隅でネット販売を考えていたみたいなのですが
やり方や送料コストを考えると難しそうなので選択肢から除外していたそうです。

 

そこで僕はメルカリというフリマアプリを提案しました。

 

メルカリと言えばTVCMでもバンバン告知を行っている
今最も勢いのあるフリマアプリです(これのことね)。

 

例えば僕の知り合いでメルカリを使っている女性は
本業の仕事を行う傍ら古着屋でブランド物の洋服やアクセを仕入れて
メルカリで転売することにより副収入を得ています。

 

いわゆる、せどりやオークション転売と同ジャンルと言えますが
ヤフオク、Amazonと同様に利用者が増えているのがメルカリです。

 

 

要は集客効果が見込めるというわけですね。

 

そんなアドバイスを行って僅か4日後。
「メルカリから1つ商品が売れた!」という連絡が彼女から入りました。

 

買ってくれたのは遠く離れた県の主婦さんだそうです。

 

彼女はポツリと、こんな言葉を呟きました。

 

「ネット販売なら商品ってこんなに簡単に売れるんだ…」

 

まぁネットなら365日24時間、日本全国のお客が集客対象になりますからね。
店舗での販売とは商品の露出度が桁違いに増えます。

 

店舗に出品しているだけでは、遠く離れた県の主婦さんが
彼女の商品を購入するということはなかったでしょう。
(というより、その存在を知ることもなかったでしょう)

 

僕の彼女はビジネスに関してド素人ですし
店舗を構えるだけの資金は用意できませんが

そんな個人でも日本全国のお客に商品を届けられるのが
インターネットビジネスの最大の利点です。
(超低リスク、低コスト)

 

インターネット上では商品さえ用意することができれば
SNSに写真載っけるぐらいの手軽さでビジネスができます。

 

商品が用意できないならアフィリエイトという方法もありますしね。
(アフィリエイト=他社の商品を代理販売するシステムのこと)

 

最近じゃ雇われるより個人で生きる道を選ぶ人が増えてますが
つくづく、個人が選ぶことができる選択肢が多い時代だなぁと思います。

 

会社勤めにストレスを感じている人も多いですし、
今後も個人で生きる選択を選ぶ人は増えていきそうですね。

 

PS.

ちなみに数日後にも「今日は2つ売れた!」と嬉しそうに報告してくれました。

メルカリの集客力ってすげぇ…。