キャンペーン用のページをランディングページ(LP)と呼んだりしますが
美しく、高機能なLPを作るのは、ちょい骨が折れる作業です。

 

初心者だった頃の僕が自分と大御所を比べて
最も差があると感じていたのもLPの質でした。

 

作り方を調べて我流でせつせと作ってみたものの、どうも質素な感じ。
他方、自分より稼いでいる人達のLPは煌びやかでシャレオツです。

 

僕のLPは文化祭の出し物のような外観で
彼らのLPは六本木や表参道に立ち並ぶハイブランド店のようでした。

 

「やっぱ金かけてる人のLPは違うな~」などと思っていたものです(´ω`;)

 

LPを作るにはCSS、HTMLなどの知識が必要不可欠でした。
でも僕にとってそれはスパイの暗号と同じで理解不能なものでした。

 

「どうにか、今よりもっと綺麗で高機能なLPを作れないものか…。」

 

そこで使ってみたのが当時おすすめされていたMeVIUS(メビウス)というLPテンプレート。

MeVIUS-メビウス-LPテンプレート

 

今はもう使っていませんし、もっと楽なテンプレートがあるのでおすすめしませんが
当時の僕はこのMeVIUSを使ってランディングページを作ってみることにしました。

 

テンプレートとマニュアルがあればLP作りはだいぶ楽になります。

まるでパズルを組み合わせるように素材を合わせていけば
いつの間にか『それっぽい』ページが作れてしまうのがテンプレートの魅力です。

 

さらにMeVIUSの上位版にはセールスレター作成キットなるものもあったので
カウントダウンタイマー等の機能も使えるようになりました。

 

ということで、その後は新サービスのセールスレターを作る度にMeVIUSを使用し
長いあいだ使い続けていたのですが……。

 

MeVIUSにさよならを告げた理由

 

しばらくして、キャンペーンページやセールスレターを大幅リニューアルすることにしました。
作ってから何年も経過したことで古臭さやショボさが滲み出てきたからです。

 

で、久しぶりにMeVIUSテンプレートを使ってページを作ろうとしたのですが
どうにもしっくりこなくて、こんな感情が芽生えました。

 

『なんか……イメージ通りにいかないなぁ』

 

それもそのはず、僕は相変わらずCSSやHTMLの知識には疎く
MeVIUSの本来のポテンシャルを半分も使いこなせていなかったからです。

 

専門的な説明は省きますが、簡単に言ってしまえば『めんどくさい』
それがCSSやHTMLをいじってページを作ることのデメリット。

 

作るのもめんどくさければ、作ったあとに修正を入れるのもめんどくさい。
テストページをテストするのもめんどい、タイマーなど機能追加するのもめんどい。

 

めんどいを連呼してると、僕がただの怠け者にも思えますが(笑)
HTMLを編集してサーバーにアップロードするめんどさを経験済なら共感してもらえるはず(´ω`;)

 

さらに、テンプレートには『自由さ』がありません。
既に決められた型を組み合わせるのがテンプレートだからです。

 

もちろんこれはメリットでもあります。
決められた型を組み合わせるだけだからこそ、手軽にページを作れるわけですから。

 

でもそのメリットは裏返せば『自分の思い通りにいかない』デメリットになります。
決められた型以外の型を作ることが難しいのです。

※厳密にはできますが、そこにはまたHTMLの壁が…笑

 

そして、現在のスタイルへ…

 

そこで僕はMeVIUSではないツールを導入してページを作ることにしました。
それが現在進行形で活躍しているColorfulとバナープラスです。

 

【詳しくは別の記事にまとめてるので興味あればどうぞ】

クリエイティブパックColorful     バナープラス

 

軽くご説明すると、Colorfulはブログ記事を書く感覚で簡単にLPが作れるツール。
複雑なHTML知識を必要とせず、高機能な仕掛けもワンクリックで施せます。

 

バナープラスは画像に文字を入れたり、加工を施すためのツール。
時間をかけずにサクサクと色んな画像を作ることができます。

 

では、それにより僕が作るページにどんな変化が起きたのか?
劇的ビフォア・アフターしてみましょう。

 

ビフォア

アフター

 

なんということでしょう
(劇的ビフォア・アフターのナレーション風に)

 

ずいぶんと様変わりしましたね。

 

ポイントは、この急激な見た目の変化に『僕のスキルの向上』がまったく絡んでないことです。
僕のスキルが上がったわけではなく、変わったのは使用したツールだけ。

※あくまで見た目に限った話ですが

 

MeVIUS一つで作ってたページを、Colorfulとバナープラスで作るようになっただけです。

 

時間かけて試行錯誤してページデザインの技術を磨くのも悪くありませんが
『お金で買う』という選択が最も楽で時間もかかりませんね。

 

投資の重要性を再認識できた一件でした。