情報商材とは、ウェブ上で販売されているPDF、音声、映像、ツール等の商品です。

例えば以下のように幅広い商品ラインナップがあります。

 

・ビジネスのノウハウ、テクニック等

・恋愛のノウハウ、テクニック等

・ダイエットのノウハウ、テクニック等

・英会話や犬のしつけなど日常生活の悩み解決ノウハウ

・画像加工のツール

・HP制作補助ツール

 

もちろん、これらはほんの一部であり実際にはもっともっと沢山のジャンルがあります。
主に日常生活の悩み解決に役立つコンテンツが多いですね。

 

出版社等を介さず個人が販売しているケースもあるので
採算が合わずに市場に出回らないようなニッチな悩み解決に役立つコンテンツもあります。
(例えばナンパのテクニックとか、Twitterのフォロワーを増やすツールとか)

 

情報商材の強みとは何か?

 

情報商材はウェブコンテンツなので一般書籍には無い以下の強みもあります。

 

販売者からのサポートを受けられることが多い

 

情報商材は一般書籍と違って出版社を介しません。
(代わりにASPという決済システムを介して売買されるケースが多いです)

 

間に出版社が入らないので販売者と購入者の距離感が近く
ノウハウに対するメール、スカイプサポート等が受けられる商品が多いですね。

 

ウェブ上での売買=メールアドレスを介してお客に受渡し

 

というネットシステムならではの強みだと思います。

 

時代の変化に合わせたアップデートが行われる

 

通常の紙に刷るタイプの商材はコンテンツの修正が容易ではありません。

 

例えば時代の変化で内容が古くなってしまったからといって
全て刷り直して新しい内容にするには莫大なコストがかかります。

 

しかし情報商材は修正とアップデートにコストがかからないので
頻繁に新しい内容にアップデートされるので長く愛用しやすいです。

 

格安でノウハウ、テクニックが学べる

 

情報商材は実物が無いデータコンテンツです(PDF、音声、映像)。
なので商品の制作や複製にほとんど経費がかかりません。

 

例えば餃子を1,000人のお客に食べさせたければ
1,000人分の材料費や労力が必要になりますけど

 

データのダウンロードはお客が1人だろうと1,000人だろうと
必要な労力は変わりませんよね。

 

なので情報商材に限らずデータコンテンツは販売価格を下げられます。
平均的に情報商材の価格は1~3万円程度です。

 

例えば僕は初心者の頃に1万数千円の教材を購入してビジネスを学びました。
そして1年後には月収が100万円まで伸びています。

 

通常、ビジネスのノウハウを学ぶのは安くても数十万円。
ビジネススクールに通えば授業料が300万円、400万円というのが普通です。

 

ビジネスに限らず、資格・スキルの習得のために
数百万円の先行投資が強いられるのはごく一般的なことですよね。

 

※僕の知人はネイルサロン経営の資格を得る試験を受けるために
100万だか200万円だか支払っていました。

 

その点、情報商材は数万円という格安価格でノウハウが学べるので
コストパフォーマンスが抜群に良いです。

 

 

反面、無名の個人でも販売できてしまうので
一般書籍に比べて信頼性は落ちます。

 

中には、中身スッカラカンな商材もありますので
販売者の信頼性を見極めることも必要です。

 

 

情報商材アフィリエイトとは

 

アフィリエイトで自由な不労生活を実現するには
利益率が高い商品を販売して成果報酬を得ていく必要があります。

 

そこで、僕が初期から一貫して行っているのが情報商材アフィリエイトです。

 

情報商材アフィリエイトはその名の通り
情報商材をアフィリエイト(代理販売)して報酬を得ることを言います。

 

メリットは以下の通り。

 

報酬額(利益率)が抜群に高い

 

前述したように、情報商材は制作コストが掛かりません。
なので情報商材に限らずデータコンテンツは販売価格を下げられます。

 

例えばCDは3,000円で売られているのが普通だけど
同じ曲目でもデータ配信なら1,500円で売られてたりしますね。

 

販売者にとってデータ販売は利益率が高いので
浮いた費用を広告費に投じることが可能になります。

 

よって、情報商材は基本的にアフィリエイト報酬が高額です。
商品価格の50%を報酬としていただけるケースも珍しくありません。
(商品によっては価格の80%、120%を報酬としていただけることもあります)

 

例えば15,000円の商品を販売成功すれば、1万円報酬がいただけるなど。

 

1万円の報酬額なら、1日3つほど売れば月100万円に到達しますね。

1日でこれぐらいの収入が得られることがごくごく普通に起こります。

 

上記の画像は1日7本成約で63,000円の収入です。

もし利益率が低い商品を売ってる場合はこんな簡単にはいきません。

 

1本あたりの報酬額が1,000円だった場合はどうでしょう?

1日に63本成約しないと上記画像の額に到達できません。

 

ウェブ上のセールスの成約率は1%が平均と言われていますので
単純計算で6,400人のお客を集客しなくてはいけなくなります(しかも24時間以内に)。

 

一方、報酬額が1万円なら1日600人の集客で事足ります。

 

無論、これはザックリした単純計算ですが
例えば時給が安い仕事より、時給が高い仕事の方が効率的なのは当然ですよね。

 

情報商材アフィリエイトは『時給が高い』ビジネスです。

 

時給が高いということは割りが良いこと、費用対効果が良いこと。

以上の理由から、僕は情報商材アフィリエイトをお勧めしています。

 

ネットビジネスを学ぶなら情報商材

 

もしもあなたが本気でインターネットビジネスで不労生活を目指すなら
情報商材でノウハウ、やり方を学ぶことを推奨します。

 

逆に本屋で売られている一般書籍で学ぶことはお勧めしません。

 

 

理由は単純明快。

 

ネットで稼ぐノウハウに関して最も詳しくて
最新の情報が集められているのが情報商材だからです。

 

前述したように情報商材は情報が古くなればアップデートができますし
ネットビジネスに関するノウハウ、ツール等の取り揃えが一般書籍の数の比ではありません。

 

逆に一般書籍は修正が行えないしリリースまでに時間を要するので
使い物にならない化石のようなノウハウがそのまま販売されていたりします。

 

例えば僕も初心者の頃に本屋さんでネットビジネスの本を買ったのですが
本の中で解説されてる手順のページが既に削除されてたりして使い物になりませんでした(汗)

 

ネットビジネスのノウハウを学ぶなら情報商材で学ぶ選択が最も最善ですね。

 

 

PS.

情報商材って何か怪しいな、怖いな、という場合は
僕の無料プレゼントに目を通してみてください。

 

要はこのようにウェブ上で閲覧可能なPDF、映像等が情報商材です。

 

大変好評な感想を多くいただいてる書籍、映像ですし
怖い印象は無いんじゃないかなーと思います^^