【成功者に学ぶ】ネット起業で成功するための10の思考

個性はいらない!型にはまれ!

今回は『ビジネス成功者になるための10の思考』をお話します。

たつもん
これから情報発信者としてデビューするセバスチャンに、ビジネスで成功するための『10の思考』を伝授しよう
セバスチャン
あざす!

これからお話する10の思考を、常々頭にとどめておきましょう。

『日常の思考』『情報発信者の思考』と2編に分けて述べてみます。

 

【日常の思考】

日常の思考は、我々情報発信者が常に持ち続けなくてはいけない思考です。

 

あなたはきっと、今とは違う暮らしを求めていることでしょう。

ならまず今までの思考と決別しなくてはいけません。

思考を変えなければ、行動が変化することはなく、生活も変化しないからです。

 

『学校の教え』を疑え!

思考1 学校の教えを疑え!
たつもん
『特別』になることを望むなら、学校で教わる常識はハッキリ言って毒だ

たつもんが敬愛するアメリカの実業家アール・ナイチンゲールはこう述べています。

アール・ナイチンゲール氏の言葉

何を行うにしても、手本となる存在が近くになければ、周囲の人達を見渡し、彼らと逆のことをすればいい。

大衆はつねに間違っているからだ。

【ナイチンゲール氏の書籍はこちら】

人間は自分が考えているような人間になる!!

2017.09.27

 

実業家から独裁者まで、歴史に名を残した方々はみな口を揃えます。

 

『大衆の常識に気を付けろ』

 

あなたが『自由でありたい』と願うなら、大衆の価値観と同化する瞬間があってはいけません。

理由は単純明快、彼ら(大衆)は自由ではなく、不自由だからです。

 

あなたもきっと日常でそう感じていることでしょう。

彼らが語る『常識』は、いわば彼らになるためのノウハウなのです。

 

『彼ら(大衆)』になるためのノウハウとは

  • 高校→大学→就職と進み、定年まで勤めて年金暮らしせよ
  • 大企業に就職し40年間ずっと勤め続けよ
  • 結婚、子供、車、マイホームを何としても手に入れよ
  • 朝から晩まで休まず働き、仕事に人生を捧げよ

 

たつもん
そしてお気づきのように、これらのノウハウを子供に刷り込む場が『学校』なのである
メモ

たつもんは書籍『ゼロから始める不労生活』の中で、大衆を『彼ら』と定義している。

彼らの存在そのものを否定する気はさらさらないが、我々は我々であるために、『彼ら』とは距離をおかなくてはいけない。

詳しくはゼロから始める不労生活を読んでみてほしい

セバスチャン
わかりました。常識と反する勇気が必要なんですね

 

つねに楽観的であれ!

思考2 常に楽観的であれ!
たつもん
成功する実業家は大概楽観的!ネガティブな妄想などする時間は1秒もない

成功する人は、すべからく楽観的(ポジティブ)です。

生まれながらそうなのではなく多くの方はそのような思考を『後天的に』作っています。

 

成功者が意図してポジティブであろうとする理由は3つ

  1. ポジティブな人は好まれるから(ネガティブは嫌われる)
  2. 不安を抱いて得できることは1ミリもないから
  3. とどのつまり、ポジティブな方が成功しやすいから

 

セバスチャン
うぅ…頭ではわかっているんですが、それが難しいんですよねぇ…
たつもん
頭でわかってるなら変えられるから大丈夫!

こういう小さなことから楽観的に考える癖をつけよう

一部の例外を除き、マイナス思考が良い結果をもたらすことはありません。

とくに情報発信を行う人間は視聴者にポジティブな感情を与えなくてはいけません。

『楽しい』『泣ける』『考えさせられる』『愛しい』

など相手にプラスの感情を与えたお返しの『ありがとう』がお金として返ってくるのです。

 

お客にプラスの感情を振り撒けるように、常にプラスの視点で物事を見ましょう。

プラス思考になるために
  • 他人の悪口を口にしない
  • 自分の悪口も口にしない
  • ネガティブは『ダサくてカッコ悪い』と思うようにする
  • 何事も褒められる箇所を探すようにする

 

『頑張らない』スキルを磨け!

思考3 頑張らないスキルを磨け!
たつもん
成功する人は頑張ることより、手を抜くことが抜群に上手い

力の入れどころを的確に見抜く思考をクリティカル・シンキングと呼んだりします。

1日は24時間、そしてあなたの体は1つしかありません。

必要なこと以外を「やらない」「学ばない」と割り切ることも必要なのです。

 

セバスチャン
手を抜くところはどうやって見抜けばいいんですか?それが難しそうなのですが…
たつもん
人によって違うかもしれないが、たつもんは2つのポイントで判断している
手の抜きどころを見抜くポイント
  • 人生の目的達成に必要な仕事か否か
  • それは本当に自分がやるべき仕事か否か

たつもんは、自分の人生の目的のためだけに行動するよう心掛けています。

目的と無関係と判断したことは頑張りません。

 

やろうとしている仕事が、本当に自分がやるべきか否かも考えます。

例えばたつもんは「ブログの作り方」「ツイッターの登録の仕方」のような解説記事(あるいは映像)はなるべく作りません。

手順解説は誰がやっても同じだし、他の方が高いクオリティで作ってくださってるので、わざわざ僕が競うことはないと考えています。

(自分で書かなくてもリンクさせてもらえばいいからです)

 

上手に手を抜くことも考えていきましょう。

 

成功者の思考と行動をパクれ!

思考4 成功者の思考と行動をパクれ!
たつもん
まぁ、色々述べてきたが、これらのことは成功者が書いた本を読めば、だいたい同じことが書かれている

例えば堀江貴文氏の『多動力』はオススメ。

 

ぶっちゃけましょう、ビジネスの成功に『個性』など不要です。

『個性』などを出そうとするのは毒ですらあります。

 

初心者がまず行うべきことは『型』にハマること。

成功者という型をどっぷり真似ましょう。

 

成功者の思考は『基本みんな同じ』です。

誰に聞いても同じ結論の言葉を述べています。

このような理由が考えられるでしょう。

成功者の思考が同一化する理由
  • そのような思考の人しか成功しないから
  • 成功者も過去の成功者の書籍に影響を受けているから

あなたの思考が成功者のそれと同化すれば、彼らと同じステージに立つ器になったことを意味します。

たつもん
前述した堀江貴文氏やアール・ナイチンゲール氏の本はとくにおすすめだよ
個性などいらない!型にハマれ!

※↑この思考も『先人』の型にハマッた考え方である

 

【情報発信の思考】

 

続いて『情報発信の思考』を述べていきましょう。

情報発信の思考はネットビジネスならではの思考も多いのです。

ぜひ身に付けて高いレベルのプレイヤーを目指してください。

 

オリジナリティなど必要ない!

思考5 オリジナリティなど必要ない!
たつもん
まず、多くの初心者がビジネスに勘違いしてるのは『差別化が必要』ということだ
セバスチャン
え?ありきたりじゃお客さんに飽きられてしまいませんか?
たつもん
そんなことはない、差別化なんていらぬ!成功者をパクッて模範すべし

 

お客は我々に『オリジナリティ』を望んでいるのではありません、『価値の提供』を望んでいるのです。

もちろんオリジナリティが価値に転化されることもありますが、多くの場合それは必要ありません。

 

とくに初心者は「オリジナリティを出そう」なんて色気は必要ありません。

色気を出しても子供が描いたメチャクチャな絵のようなものが完成してしまうだけです。

 

まずは成功者の『型』を真似しましょう。

 

3秒で興味を惹け!

思考6 3秒で興味を惹け!
たつもん
広告は『3秒で目を惹く能力』が強く求められる。特に情報の移り変わりが早いネットではなおさらだ

 

本屋で本を探すとき

You Tubeで動画を探すとき

Twitterのタイムラインを見るとき

ネットサーフィンをするとき

人は目に入った情報を手に取るか否かを3秒で判断すると言われています。

ゆえに各社各企業はお客とのファーストコンタクトの際、3秒以内で理解できるメッセージを作ることに命を懸けるのです。

企業が全力で技術を注ぐ3秒メッセージ

本の表紙(&背表紙)

DVDのパッケージ(背表紙のフォント、写真)

CDジャケット、プロモーションビデオ

会社のロゴ・イメージカラー

テレビCM

電車のつり革広告

…etc.

情報発信者が力を入れる3秒メッセージ

ブログ、SNS等のヘッダー

プロフィール用画像

You Tuberなら各動画タイトル&サムネイル

サイトタイトル、キャッチコピー

商品パッケージ、イメージ画像

…etc.

3秒以内に興味を惹くには、3秒以内に理解できるメッセージが必要です。

 

具体事例1 キャッチコピー

たつもん
Twitterヘッダー用にこんな画像を作ってみた。

字余りだが5、7、5を意識している

セバスチャン
スマホ表示用に文字を大きく、短くしているんですね

 

具体事例2 キャラクター

たつもん
当サイトのマスコットとして度々登場するミア変なサムライのおっさんは、お客の目線を惹くことと、サイトの雰囲気を伝える目的で描いたキャラだ。

授業を一切聞かずに教科書に落書きばかりしていたスキルが活きた

本屋やビデオ屋は『3秒以内で興味を惹く』技術の宝庫です。

ためしに足を運んで研究してみるのもいいかもしれません。

【マンガでわかる】広告画像のクリック率を4倍に上げた方法

2018.05.18

 

30文字以内で魅力を伝えよ!

思考7 30文字以内で魅力を伝えよ!
たつもん
3秒で興味を惹いても、その後を読んでもらえるとは限らない。

30文字以内の短い言葉で『読みたい』という同意を得よう

読者にコンテンツを見てもらうには、コンテンツの魅力を短い言葉でまとめる能力が求められます。

例えばブログの記事タイトルは、検索エンジンに表示される30文字前後でユーザーの心を掴み、クリックしてえるよう興味を惹く必要があるのです。

たつもん
日常会話と同じで長い話はダルい。

見ず知らずの他人が語る話ならなおさらだ

セバスチャン
まず興味を引き付けなければ話を聞いてもらえないんですね

 

大衆の心理を知れ!

思考8 大衆の心理を知れ!
たつもん
先ほど、大衆の価値観と同化することに警鐘を鳴らしたが、だからといって大衆心理を知らない者に支持は集まらない。

世の中の大半が『大衆』だからだ

 

基本的に人は自分に関係あることしか興味がありません。

自分に身近なことには関心を抱き、自分と遠い出来事には関心を抱けないのです。

※心理学用語でカラーバス効果と呼ぶそうな

 

ヒットする商品(ブログなどのメディアも含む)は、大衆の心理を理解し、上手く共感させている共通点があります。

代表的なのはテレビ、映画、オリコンランキングなどエンターテインメントのジャンルです。

それらはすべて大衆向けに作られています。

 

先ほど例に挙げた堀江貴文氏や三田紀房氏の書籍も例外ではありません。

彼らは大衆とは違う意見を発していますが、そのテーマは非常に大衆的です。

(就職・仕事・恋愛についてのことなど)

 

まず、手に取ってもらってから、考え方を変えてもらう

 

たつもん
第5話『DRMとは?』で解説した『価値観教育』と呼ばれるテクニックだね
セバスチャン
奇抜なことだけ言ってても駄目なんですねぇ

 

常識を『破壊』せよ!当たり前の発言はいらない!

たつもん
発言に影響力がある人物は『当たり前』の発言はしない

読者の支持を得るメディア(あるいはその作者)は『読者の常識をいかに破壊するか』を意図して言葉を選んでいます。

逆にファンが生まれない発信者は「当たり前のことを発言している」のです。

当然、当たり前のことを聞かされても人の心は動きません。

いま抱いている常識を破壊された時に人の心は動きます。

 

「常識」とは違うことを言う人物の方が印象に残る

もちろん、ただ奇抜なことを言えばいいわけではありません。

常識の範囲外は許されても、想定の範囲外は許されないのです。

 

ターゲットが日常で「これ、おかしいんじゃない?」と思いながら言葉にできずモヤモヤしている常識をスパッと否定し「そうそう!そう言いたかったんだよ!」という感情を抱いてもらえればOK。

 

常識を破壊し興味を惹く台詞

三田紀房、福本伸行、両先生の漫画は『常識破壊』の宝庫です。

とくに三田先生の漫画ではわざと『常識的なキャラクター』を配置することで大衆の声を代弁させていますね。

【無料試し読み版】繁盛なんかしなくていい

 

価値を提供せよ!

思考10 価値を提供せよ
たつもん
『お金を稼ぐ』とは他者に『価値』を提供する行為のことだ

ビジネスは価値と価値の交換です。

あなたが提供する何かにお客が価値を感じたなら、価値(お金)を返してくれます。

価値=需要があるもの
  • 時間
  • 労力
  • お金
  • 人脈
  • 娯楽

…etc.

つまりお金持ちは、より多くの人々に『価値』を届けた人達なわけですね。

お客からの「ありがとう」を集めれば自然とお金が集まるのです。

ブログ・ツイッター情報発信で稼ぐ人がかならず書く2つのこと

2018.05.27
たつもん
この目的を見失った者に支持は集まらない。

例えば以下のような状態がそうだ

  • ブログの記事更新が目的になっている
  • ブログのアクセス集めが目的になっている
  • ツイッターのフォロワー集めが目的になっている
  • フェイスブックのいいね!集めが目的になっている

 

例えば自分のフォロワーを増やすために相手をフォローする行為は相手にバレバレです。

「僕のために何か行動してください」という行為は交換を抱かれません。

セバスチャン
確かに、こちらが連絡しても一切レスポンスしない人が、自分の用事のときだけ連絡してくると腹立ちますもんね
たつもん
それな

 

お客の支持を集めるにはお客に価値を提供すること。

喜んでもらうこと、感動してもらうこと、楽してもらうことです。

そうすれば自然とお客の支持が集まり、収入に反映されていきます。

 

今回のまとめ

たつもん
それでは、今回のお話をまとめよう
情報発信で成功する10の思考
  1. 『頑張らない』スキルを磨け!
  2. 常に楽観的であれ!
  3. 学校の教えを疑え!
  4. 成功者の思考と行動をパクれ!
  5. オリジナリティなど必要ない!
  6. 3秒で興味を惹け!
  7. 30秒以内で魅力を伝えよ!
  8. 大衆の心理を知れ!
  9. 常識を破壊せよ!当たり前の発言はいらない!
  10. 価値を提供せよ!

次は、たつもんオススメのビジネス本や教材、ツールをご紹介しよう