過酷な労働環境によって精神が壊れてしまった友人がいます。

 

彼女はお笑い番組と漫画が好きで、よく笑う人でした。

ただ、ちょっと精神的に脆くて繊細だったので
「人と関わらない仕事がしたいなぁ…」などと漏らしていたものです。

 

そうは言いながら周囲の流れに身を任せるまま就職活動し
彼女は広告代理店の社員として働くこととなります。

有名な会社だったので、周囲から相当羨まれたそうな。

 

給料も手取りで20万円ほど入り
「こんなに!?」と思わずニンマリしてしまったとか。

 

しかし就職してわずか3ヶ月後、
仕事でのストレス過多で彼女の顔から表情が消えました。

 

主な原因は彼女が懸念していた『人との関わり合い』です。
職場での人間関係、パワハラ、通勤電車での人との接触など。

 

はじめは「嫌だ、嫌だ」と言いながらも職場に通っていたのですが
ある日、彼女はとうとう出勤ができなくなってしまいました。

 

顔の筋肉が硬直して表情がなくなり、目には光が灯らなくなり
言葉もボソボソと小声でしか喋れなくなりました。

 

たった数か月前まで弾けるような笑顔で笑う子だったのに
ほんの短い期間でここまで顔が変わってしまうのかとゾッとしました。

 

職場からは「いいから来い!」という連絡がひっきりなしに届いてましたが、
どう考えたって仕事できる状態じゃなさそうだし仕事は辞めてもらうことに。

 

とりあえず、20万円ほど援助して家を引き払い、実家に帰ってもらいました。
(一人で暮らしてたら死を選びそうな空気が漂ってたんで)

 

僕の身の回りが異常なのか、それともこれが普通なのか
僕の周囲には彼女のように仕事が原因で精神を病む人が多いです。

 

そして彼ら、彼女らのように逃避行動をする人に対し
このような言葉を浴びせる風潮があります。

 

「みんな頑張ってる」

「辛いことから逃げてはいけない」

「社会人としての自覚が足りない」

 

国民総ドM化計画でも進んでるんでしょうか?
普通に考えて辛いことからは一目散に逃げた方がいいと思うのですが。
(精神が壊れれば命の危機すらあるわけで)

 

夢や目標を叶えるための努力から逃げてはいけないことはわかります。

例えば甲子園に出場したいという夢がある高校球児が
部活の練習の辛さから逃げてしまえば、夢は叶わないでしょう。

 

ただ人生の目的とは程遠い行いに対して「逃げてはいけない」って意味不明です。
幸せになれる見込みがない行いはさっさと辞めればよろし。

 

 

みんな頑張ってるという理由で人生の目的と異なることを我慢し続けても
幸せでも何でもない理想とは程遠い人生が40年、50年続くだけです。

 

別に社会人としての自覚なんてものも
大切に守り抜いたところで人生の満足度は上がりません。

 

せいぜい周囲が「我慢してて偉いね」って褒めてくれる程度でしょう。
(人生を犠牲にするリターンとしては割に合わないですね)

 

 

辛いことから逃げてたら何も手に入らないとか言う人もいますが、暴論です。

 

むしろ理想の人生を手に入れられる人は
やりたくないことや目指したくない未来から徹底的に逃げまくった人達です。

 

例えば僕は完全なる労働アレルギー体質でした。
とにかく労働するのが嫌で嫌で仕方なかったです。

 

労働、就職、出勤、不自由が嫌だったので全力で逃げまくりました。
結果、1年後には時計もカレンダーも労働も無い週休5~7日の自由な生活が手に入りました。

 

 

「我慢しなきゃ」というのはただの選択肢であって天命でもなければ義務でもありません。

 

 

「正社員として働かなきゃ生きていけない…」と言う人もいますが、なわけないです。

日本には28,275種の職業があります。社会保障も充実してます。
たかが1つ、2つの仕事から逃げたぐらいで餓死することはありません。

 

会社や同僚への迷惑とかもどうでもいいです。
緊急事態に他人の心配なんかしてる場合じゃありません。
(社員が一人抜けた所で会社は涼しい顔で存続し続けます)

 

むしろ、辛い仕事続けて精神が死んじゃうリスクの方がよほど高いでしょう。
( 精神が病む→自殺するというコンボが決まってしまうと余計周囲に迷惑かかります)

 

彼ら、彼女らのような人達を、いわゆる『精神異常』と言ったりしますが
僕には彼らの方がよほど正常な精神の持ち主に思えてなりません。
(辛いことから逃げ出そうとするのはどう考えても正常です)

 

辛さや不自由を「これが運命」と受け入れられる人達の方がよほど異常に見えます。

 

 

PS.

まぁでも昔は僕も辛さを「仕方ない」と受け入れる人間でした。

 

上司が「仕事ってこういうもんだよ」と並べ立てる言葉に対し
一切合切の疑いを持たず吟味無しに同意していました。

 

「仕事に支障が出るから休日は遊ぶなよ!」とか言われても
「それが社会人、仕方がない」と潔く受け入れて感情を押し殺す我慢をしました。

参考記事:会社の洗脳に従ってても幸せにはなれないって話

 

「仕方ない」って価値観は呪縛だなーと思います。

この価値観のおかげで無茶な要求をしても社員は我慢して従ってくれるし
ブラック企業にとっては大万歳な価値観ですね。

 

しかも「仕方ない」という価値観を持っている人は
宗教の信徒のごとく価値観のお布施に務めてくれるので
「仕方ない」という価値観の人間が大量生産されていきます。

 

恐ろしや…。