ネットサーフィンしてて見つけた広告。

 

転職で職場環境がガラリと変われば人生に良い影響が出ることもありますね。

 

例えば有無を言わさぬサービス残業強要の職場を辞めて
定時退社が当たり前の職場に転職できれば生活のストレスが随分と違います。

 

ちなみに、転職サイトDODAの記事によると社会人の52.5%が転職経験があるのだそうな。

2人に1人が「転職経験あり」〜転職活動の実態調査

 

転職の動機となるのはやはり、仕事内容や環境への不満が多いみたいです。

 

 

そういえば僕の友人にも労働環境を理由に転職した人がいました。

 

彼は過酷な労働と電車出勤への恐怖から心の病を発症してしまい
電車に乗ることも、駅に近づくことも困難になってしまいました。

 

もちろん、そんな精神状態で働けるわけがありませんので
会社を辞めて、今は徒歩圏内で通える場所でアルバイトをしています。

 

正社員からアルバイトになったことで収入は相当落ちましたが彼は幸せそうでした。

 

職場が徒歩圏内になって、たっぷり朝寝ができるようになったし
アルバイトは正社員ほどスケジュールの縛りがキツくありません。
(前もってシフト提出すれば平日でも余裕で休めます)

 

正社員に比べて責任の重さも軽くなりますしね。

 

今までの生活の縛りが強かった分、彼は伸び伸びしていました。

 

 

ところが、数ヶ月も経たないうちに彼の表情はどんどん曇っていきました。

 

「職場の同僚が若い連中ばかりで話が合わない」

「人数が少なくてシフトに融通が利かない」

「店長の価値観が嫌い」

 

職場変えたところで、次の不満が顔を出すだけみたいですね。

 

 

別の友人の女性も職場移動を繰り返しています。

 

彼女は飲食店の社員として働いていましたが同僚からのイジメが原因で辞めました。

 

その後、持っていた介護の資格を利用して介護士になったのですが
どうやらこれが天職だったらしく、イジメの過去が無かったように元気になっていきます。

 

話を聞いてるととても大変そうに思えましたが
介護は嫌いじゃないし、同僚も良い人達なので毎日楽しかったみたいです。

 

ところが、旦那の転勤を機に別の職場に移ったことで状況が一変します。

 

まず出勤時間が不定期になり、生活リズムがズタボロになりました。
旦那は普通の会社員なので、まともに会話すらできない日もでてきます。

 

職場の人間関係も以前ほど賑やかではなく
プライベートな会話を楽しむ友人も少なくなりました。

 

それでも介護が好きだから仕事を続けていますが
「前の職場がよかった」が彼女の口癖です。

 

 

もちろん、こんなのは僕の身の回りのほんの一例ですし
転職を機に人生が劇的に変化する人だっていることでしょう。

 

給料が下がっても、職場環境が良くなれば万々歳という人もいるだろうし
給料が上がって、職場環境も良くなる人もいるはずです。

 

でも、ギャンブルの要素が強いな~と思います。

 

表向きは良い会社でも、裏にどんな毒があるか解ったもんじゃありませんしね。

 

例えば労働環境も、仕事内容も良いけど働いてる人間と馬が合わないかもしれない。

90%の同僚は良い奴でも、残り10%がパワハラクズ野郎かもしれない。

 

特に人間関係に関しては、ほんとギャンブルです。
たった一人嫌いな人間がいるだけで憂鬱な気分になったりしますから。

 

転職の目的は人ぞれ違うと思いますが
『より豊かになりたい』という目的を達成する手段としては
確率が高いわけでもないみたいですね。

 

PS.

転職と言えばこの漫画。『エンゼルバンク(amazonより)』

 

TVドラマになったドラゴン桜の続編です。
転職だけではなくビジネスやお金に関する知識も学べてお勧め。

 

エンゼルバンクの中でも触れられていますが
転職ではなく起業という選択肢もありですね。

 

近年は従業員を抱えない起業が簡単なんで
煩わしい同僚とか上司とか、人間関係は端から排除できます。