ビジネスをやっている友人達との会話では
決まって『先行投資』の話題が盛り上がります。

 

ある意味、ビジネスの醍醐味ですね。

 

何に対して経費を掛けるのか?そしてどうやって回収するのか?
ビジネスはその計画を話す時と実行する過程が楽しいです。

 

例えばステーキ屋はお肉を仕入れてお客に提供していますが

 

「売れないのが怖いから仕入れるのやめよう」
「経費かけたくないから肉を仕入れるのをやめよう」

 

なんてことは考えてはいないでしょう。
いかにして仕入れた肉で利益を得るか?を考えるはずです。

 

 

ビジネスは先行投資(経費)が必要不可欠ですので
適材適所で経費をかけて売上を伸ばしていかなきゃいけません。

 

肉を仕入れないステーキ屋が肉を仕入れるステーキ屋に勝てないように
経費をかけないビジネスより経費を投じるビジネスの方が稼げるのは当たり前の摂理です。
(肉を仕入れないステーキ屋をステーキ屋と呼べるのか疑問ですが)

 

もちろん、良い肉を仕入れたからって必ず利益になるとは限りません。
時には赤字になってしまうこともあるでしょう。

 

でも、それも含めてビジネス。

 

起業家は赤字から教訓を得て、次は赤字にしない為に策を練ります。

赤字にしないための知識、スキルを得ることに投資したり
新たな仕入れ先を作るための人脈作りに投資したりしますね。

 

そして前述通り、その過程が最も楽しかったりするので
起業家は基本的に投資に対してネガティブな印象を持っていません。

 

ゲームのアイテムをカスタマイズしている時のように
みんな意気揚々と己の知略、戦略を語り合っていて楽しそうです。

 

 

そのように、リアルビジネスでは『経費を投じる』ことはごく当たり前の事ですが
インターネットビジネスの世界は経費(投資)に対してネガティブです。

 

もちろん大きく稼げる人はガンガン投資を行いますし
投資した分だけ早く、大きく結果を伸ばしていくのですが

大半の人は投資という言葉を聞いた瞬間に顔を歪めますし
たった一度投資を行ったらそこで満足してしまう人が多いです。

 

インターネットビジネスに取り組んでいる人から
このような話を聞くことがあります。

 

おそらく、先行投資に対する認識が異なるのでしょう。

 

 

インターネットビジネスを行っている人の多くは
『投資=成功を買うこと』と認識してることが多いです。

 

彼らの頭の中では投資は人生でたった一度だけ行うもので
教材1つ買えばそれでその後の人生が全てハッピーになると信じていたりします。

 

そして、2回も3回も投資を求められることは『悪』で
1回投資したらその後は一切投資しないと決め込んでいる人もいます。

 

でも投資とは『将来的にリターンが得られる物事に先にお金を支払う』ことであり
適材適所で、必要に応じて何度でも行っていかなきゃいけないもんです。

 

A5ランクの肉を一度仕入れただけで人生ハッピーになるわけがありませんよね。
肉は提供すれば無くなるんだからこの先何度でも仕入れなきゃいけません。

 

ビジネスにおける知識、スキル、設備環境等も同様です。

 

例えば僕も年間400万円以上投資を行うことがあります。
(環境・システム、知識、広告費など)

 

今まで使用していたシステムより優秀なシステムの存在を知れば乗り換えますし
学ぶ必要がある知識があるなら教材買って学びます。

 

足りない面を補う、強みをさらに伸ばす、新たな強みを作る
その為に資金を投じる。それが投資です。

 

当然、何も持たない者(初心者)ほど多くの投資が要求されますし
必要に応じた投資を常々行っていった方がいいでしょう。
(そうして環境が整えば、投資の必要もなくなってきます)

 

 

 

知識や環境等も同様で、必要に応じて取り揃えていくものだし
古くなって使えなくなったものを新しくするために投資するのは当然です。

 

ビジネスをやる以上、投資とは永遠に付き合っていくものと思った方がいいですね。

 

ネガティブなイメージで敬遠するよりも
ポジティブなイメージで楽しめる人の方が成功しやすいみたいです。

 

 

PS.

まぁとはいえ、なるべく無駄な経費を投じるのは避けたい所ですね。

 

特に初心者が闇雲にガバガバ経費を投じてたら破産も有り得ますので
極力コストパフォーマンスが良い経費を使うようにした方がいいです。

 

特にノウハウ(知識)は時代の変化で使えなくなる方法とかもあるんで
時代の変化に強いものを学ぶことがお勧めです。

 

例えば「Twitterで稼ぐ方法!」みたいなノウハウだと
Twitterが衰退して使えなくなった瞬間に知識の価値が失われちゃいます。

 

それよりも10年、20年と使い続けられるノウハウに投資した方が有意義ですね。
(例えば販売、マーケティングの原理原則など)