脱サラぐらし!とは
このサイトは会社に頼らず自由に暮らす方法を「わかりやすく」「ゆるく」「楽しく」お届けする情報サイトである。

 

今回はTwitterの『リツイート』『いいね』の違いについて。

ついでに使い分け方をビジネス視点で述べていきます。

 

  • リツイートってどういう時に使えばいいの?
  • いいねするとフォロワーからどう見られちゃうの?
  • どう使えばお得なの?

 

ミア
どうせならお得に使いたいですよネ
たつもん
てことで疑問を解消しようじゃないか

 

リツイートといいねの違いとは

「いいね」は簡単に押すな!?リツイートとの違いと活用法とは

 

「リツイート」と「いいね」は似た性質がありますが、厳密には違います。

たつもん
『リツイート』『いいね』の性質を見ていこう

リツイート

リツイート
  • 他者のツイートをあなたのフォロワーに拡散できる
  • 引用リツイート(一言添えて拡散)ができる
  • リツイートだけをまとめて一覧することはできない

 

いいね

いいね
  • 他者のツイートをあなたのフォロワーに拡散できる
  • 引用いいね(一言添えて拡散)はできない
  • いいねだけをまとめて一覧することができる

 

結論から言うと

 

  • 「みんなにも知ってもらいたい!」有益な情報はリツイート
  • 「拡散するまでもないが同意したい」情報には、いいね

 

こういった使い分け方をされているのが一般的です。

ミア
待って!全然わかりません!
たつもん
それな。

もっとわかりやすく見ていこう

 

共通点と違いをまとめてみる

共通点

  • 履歴があなたのフォロワーのホームに通知される
  • どちらも相手に通知が送られる(通知オンの場合)

 

あなたが行った『リツイート』『いいね』はあなたのフォロワー通知されます。

あなたのフォロワーが行った『リツイート』『いいね』はあなたに通知されます。

 

リツイートといいねの図

いいねは気軽におせない??

一方、「いいね」もリツイート同様、フォロワーに通知されます。

たつもん
「いいね」はお知らせされることもあるし、されないこともある。

どうやらフォロワーが『自分と関連性の強いアカウント』を「いいね」すると、こちらのタイムラインに通知されるようだ

ミア
「いいね」したことがフォロワーさんに知れ渡ってしまうんですネ!

うーん、気軽に押しにくいデス!

 

そのように『似てるようでちょっと違う』リツイートと、いいね。

しかし決定的に違う点もあります。

 

違い1 引用の有無

  • リツイート『一言添えて拡散ができる』
  • いいね  『一言添えた拡散はできない』
たつもん
「リツイート」はこのように一言添えることができる。

相手と対話するような形になるので、アクションを返してもらえることがあるぞ

このように一言添えてリツイート

「いいね」はこのように一言添えることはできません。

 

違い2 一覧性の有無

  • リツイート『履歴はタイムラインで確認』
  • いいね  『いいね専用の履歴を確認できる』
たつもん
「いいね」した履歴はこちらに一覧されている
「いいね」の履歴が見れる
ミア
やっぱり、いいねした履歴は見られちゃうんですネ
たつもん
逆手にとって『見せたい情報を一覧』することもできるけどね

 

リツイートも、いいねも、『あなたの発言』である

 

以上のように、リツイート、いいね、には似た性質がありますが、厳密には違う機能と言えます。

何より違うのは『第三者からの印象』です。

 

たつもん
「リツイート」「いいね」は『共感の意思表示』という側面がある

 

  • 私はこの人と同意見である
  • このような人達と似た性質がある

 

こういった意思表示ということになります。

※こちらにその意思があるかないかは別として、そう捉えられてしまう可能性が高いということ。

たつもん
つまり『リツイート』『いいね』の履歴により、敵や味方が生まれるということだね

 

例えば、あなたがブロガーを多くリツイートしていれば、周囲はあなたを『ブロガーの仲間』とみなすでしょう。

FX関連のツイートをリツイートすればFXをやってる人だと思われます。

アフィリエイトのツイートをリツイートすればアフィリエイターだと思われます。

 

たつもん
で、だ。

もしあなたがリツイートやいいねした人物の社会的信用が低ければ、あなたの信用も同様に下がることになる。

極論だが、詐欺師に「共感した!」と言えば詐欺師と同類に思われるわけだ

ミア
そ…それは嫌ですねぇ

 

リツイート(またはいいね)することにより、他者にどのような印象を与えてしまうか考えることが大切です。

 

安易な『共感』はあなたの信用を下げる

たつもん
「いいね」を返してもらいたいからといって、むやみにいいねしまくってると信用が下がってしまう

理由は以下2つです。

  • フォロワーさんのライムラインをあなたの「いいね」通知が汚染してしまうから
  • 浅い発言に同意を示すと、あなたまで浅い人間と思われてしまうから

 

 

前述したように「いいね」「リツイート」はあなたの発言と同義です。

よって浅はかなツイートを支持すれば、あなたも浅はかに思われてしまいます。

 

 

たつもん
ビジネスとしてツイッターを利用しているなら気を付けよう。

信用を下げることは、自分はもちろん、取引先の売上にも影響してしまう

 

どんな発言を「リツイート」すればいいのか

たつもん
では、どんな発言を「いいね」「リツイート」すればいいのか

基本は『あなたのターゲットが「得した!」と思えるツイートです。

ターゲットが興味ないことを拡散するとあなたの信用が下がるのでやめましょう。

 

  • リツイート、いいね、の質はターゲットに合わせる

 

例えばターゲットが「ブロガー」ならこうです。

  • バズッているブロガーのツイート
  • ブログノウハウ、マインド
  • 有名な権威あるブロガーの方のツイート
  • ブロガーが参考にしてそうな本の著者のツイート(堀江貴文氏など)

 

繰り返しになりますが、ターゲットが望んでいない情報の発信はすべて、あなたの信用低下につながります。

いいね、リツイートだけでなく、普段のツイートの質もターゲットに合わせましょう。

 

「いいね」は好かれない

たつもん
実はこのような意見がある

ツイートはいいねじゃなくてリツイートして欲しい件。お気に入りより「拡散」でしょう。

ブログ:喜怒哀楽のストレート 様

 

@by_azsa 様のツイート

ミア
「いいね」より「リツイート」してほしいと思っている方が多いんですね

 

これはTwitterだけでなく、face book、mixiなど、他のSNSでもよく見かける主張です。

つまり「いいね」にこのような印象を抱く方もいるのでしょう。

 

相手の得となること(拡散)をしない消極的な同意

 

もちろん、そんな深い意図で「いいね」する方はほぼいないと思います。

しかし『相手がそう捉える』危険性があることは覚えておいた方がいいでしょう。

 

たつもん
ちなみに、支持を集めているアカウントほど『いいね』の数が少なく、リツイートの数が多い

堀江貴文さんのアカウントはその代表格だ

支持されてるアカウントほど、いいねの数が少ない

 

たつもんも「いいね」より「リツイート」をしています。

まぁ、ぶっちゃけどっちでもいいんですが

理由は以下の通りです。

  • 「有益な情報ありがとう」と相手に伝える意図
  • 「いいね嫌い」な人の目を牽制する意図
  • 一言添えることができる機能を使いたい意図
  • 『リツイート』の方が好かれやすい

 

たつもん
前述したように、いいね、リツイートには似た性質がある。

しかし相手に与える印象が全然違うことは明白だし、いいねは「引用リツイート」が使えない。

なので僕は「いいね」を使う理由はあまりないと考えている

 

どうせ似たようなもんなら、相手に好まれる『リツイートの方が良い』という判断である。

 

ミア
なるほどデス、周囲の目を意識することが大事なんですネ

 

なぜ『リツイート』の方が好かれやすい?

リツイートの方が好かれやすい点にも注目。

ユーザーは「リツイート」より「いいね」をする機会が多いです。

 

  • リツイート=みんなに広めたい有益な情報
  • いいね  =広めるまでもないが、同意したい情報

 

そのような性質上、多くのユーザーが「いいね<リツイート」と認識しています。

「いいね」されるより「リツイート」の方が価値があるのです。

 

 

なので「いいね」をするより「リツイート」の方が喜ばれます。

 

相手の情報の価値を認めることなので当然です。

※承認欲求を満たす行いなわけですね

 

たつもん
だからって「いいね」の出番がないわけではない。

例えば「今宵は月が綺麗です」なんてツイートをリツイートしても仕方ないよね。

そういう「同意以上、拡散未満」な情報に「いいね」は使いやすい

ミア
使い分けが大切なんですネ

 

「リツイート」「いいね」の使い分け方

 

以上のことから「リツイート」と「いいね」はこのように使い分けましょう。

こちら

 

 

  • 「みんなにも知ってもらいたい!」有益な情報はリツイート
  • 「拡散するまでもないが同意したい」情報には、いいね

 

 

 

たつもん
前述したように、「いいね」より「リツイート」の方が相手に喜ばれる。

でも無作為にリツイートしてたらこちらの信用が下がるよね。

そんなときに挨拶代わりに利用できるのが「いいね」なんだ

ミア
何もアクションがないよりは嬉しいですもんね

 

まとめ

 

では今回の内容をまとめましょう。

 

「リツイート」「いいね」の違いと使い分け方

リツイート(以下R)いいね(以下I)

  1. 「拡散したい」→R
  2. 「拡散するほどではないが同意したい」→I
  3. あなたのR、Iはあなたのフォロワーに通知される
  4. フォロワーのR、Iはあなたに通知される
  5. Rは一言添えて拡散ができる
  6. Iは一覧されるのでフォロワーに見せやすい
  7. R,I共に「あなたの発言」と同義である
  8. 安易に共感すると信用が下がる
  9. Iはユーザーに好かれず、Rの方が信頼値が上がる
  10. その理由はRの方が相手の承認欲求を満たすため
  11. RとIは適材適所で使い分ける

 

たつもん
以上であーる
ミア
Danke!ありがとうございました
「いいね」は簡単に押すな!?リツイートとの違いと活用法とは

SNSでつぶやく話題にどうぞ!