別の記事で何度か書いていますが、
新サービスを立ち上げる友人の相談に乗ってあげています。

参考記事:商品を確実にバカ売れさせる方法

 

サービス内容は大筋決まってきたのですが
肝心の利益計画を練っていないみたいだったので
そこんとこを一緒に練ってみました。

 

ちなみに彼が作っているのは初心者向けのアフィリエイト講座。
価格は2万円以内に抑えて、利益は1本1万円を計画してます。

 

1本1万円の利益なら良い感じですね。
(1日1本売れるだけで月30万円に到達します)

 

僕はそれに付け加えて、アップセルの用意も推奨しました。

 

アップセルとは上位版のことです。

例えば彼の商品を購入してくれたお客にオプションとして
価格30万円のコンサルティング権利を販売するなど。

 

彼は人に教えるのが上手いタイプですし
実際に数多くの初心者を指導して初報酬を達成させた実績があります。

 

そんな彼が手取り足取り教えてくれる権利を買えるなら喜ぶお客も多いだろうし
価格30万円で少人数を対象に売れば、彼の自由な時間も圧迫されません。
(こういうのをバックエンド商品と呼んだりします)

 

 

ところが、彼はこの提案を聞いた瞬間に声を詰まらせました。

10万、20万円もお金を支払ってもらうのは気が咎めるとのこと。

 

彼の中では30万円もする高額コンテンツを販売するのは
詐欺師まがいな高額塾販売者みたいで悪いイメージみたいです。

 

そして自分も同じに見られてしまうのではないかと気が引けてしまうんだそうな。

 

まぁしかし、彼以外にも商品やサービスの提供に罪悪感を感じている人はいます。
特に購入者を対象にしたバックエンド販売を毛嫌いする人は多いですね。

参考記事:商品やサービスを売るのは悪ではない

 

 

でも、高額な商品って悪でしょうか?

バックエンドで別の商品を販売するのは汚いでしょうか?

 

例えばライザップは2ヶ月のプログラムを受けるために
35万円ほどの料金が必要となりますが、悪徳ですかね?

 

僕の友人の元同僚はライザップでダイエットに成功して
例のパンパカパーン!のCMに出演していますけど「人生が変わった!」と大喜びしています。

 

僕は以前30万円のパソコンを買いましたが仕事の効率が上がりましたし
バックエンドでウイルスガードソフトをセールスされましたが、おかげで安心を買えました。

 

 

という風に、価格とサービスが見合えばお客に価値を提供できます。

価格が高いから悪く見られるというのは、あまりに短絡的ですし
バックエンドが駄目なら世の中の商品の価格が全て激上がりしてしまいます。
(ハンバーガーの単品売りが無くなり、セット販売だけになるようなもの)

 

 

僕が彼に提供したアップセル(上位版提供)は
あくまでお客にとってオプションの一つに過ぎません。

 

野球やサッカーの観戦チケットに例えると分かり易いですね。

 

Jリーグの試合観戦チケットは席によって値段が違っていて
一番安いチケットと高いチケットの価格差が10倍近いこともあります。

 

1,000円でゴール裏で飛び跳ねながら見たい人もいれば
5,000円でゆっくり座ってみたい人もいるわけですね。

 

ネットビジネスにおけるアップセル商品も同様、要はオプションなのです。

 

例えば先ほどの計画通り、1万円の教材を買ったお客に
30万円のコンサルをアップセルとしてオファーしたとしましょう。

 

きっとお客の反応は二通りに分かれます。

 

1万円でコンサル抜きの教材だけで良しと思う人。

30万円投資してでもライバルより良い環境が欲しい、成功に近づきたい人。

 

アップセルはいわば、後者を対象にしたオプション品です。

 

旅館の部屋オプションと同様。

パソコンの機能オプションと同様。

車のアップグレードオプションと同様。

注文住宅のオプションと同様。

 

必要なお客だけ手にすればいいのであり、
必要と感じてないお客から搾取するためのものではないです。

 

よって、提供することが悪なわけがありません。

 

というか、もっとお金を支払ってでも成功に近づきたいお客には
その願望を実現するための選択肢を用意してあげた方が親切です。

 

 

彼は「気が咎める」と言っていましたが、それってつまり保身です。

お客のことを考えてるわけではなく、
高額なオファーをして嫌われるのを恐れている心理ですよね。

 

でも、本当にお客のことを考えるなら
もっと投資したいお客にも選択肢を用意してあげるべきです。

 

通常版で満足なお客  = 1万円のサービスだけ受け取る
もっと投資したいお客 = オプションのアップセルも受け取る
販売者の彼      = 客単価が向上し豊になれる

 

みんな幸せになれますね。

 

PS.

ちなみにサービスには適性価格というものがあります。

 

例えば彼が「高額は受け取れない!」という信念で
1万円の講座の中にコンサルティングも含めてしまったとしましょう。

 

すると、こうなります↓

参考記事:豊かになりたいなら忙しく働いちゃ駄目、ゼッタイ。

 

お客 = サービスの質が下がって不満足
彼  = 時間、体力が減り、お金も得られず不満足

 

価格を下げたことでサービスの質も下がってしまうなら誰も得できませんね。