仕事は1日1時間!その計画の実現法をゆるーく話す

サイドバーに任意カデゴリ記事表示プラグインList category postsの使い方

脱サラぐらし!とは
このサイトは会社に頼らず自由に暮らす方法を「わかりやすく」「ゆるく」「楽しく」お届けする情報サイトである。

今日もまったり楽しんでいきましょう(^ω^)

 

List category postsは投稿記事や固定ページ、またはサイドバーに
指定したカテゴリーやタグの過去記事一覧を作成できるプラグインです。

 

List category postsでできること

 

List category postsでできることは大きく2つです。

・投稿記事内に指定カテゴリ(タグ)の記事一覧を表示

 

例えばこのような感じ

 

【人気・おすすめ記事カテゴリ一覧】

↑このように指定したカテゴリーの記事一覧をサクッと作成可能です。
(個人的にはあまり使い道はないように思えますが…)

・サイドバーに指定カテゴリ(タグ)の記事一覧を表示

例えばこのような感じで…

サイドバーに指定したカテゴリ記事一覧を作成できます。
※たつもんは「おすすめ記事」というカテゴリー一覧を作成しています。

 

その他にもパラメータをいじれば色んな設定ができますが
簡単かつ手軽に使用したいなら用途は以上2で十分なのではないかと。

 

ちなみにたつもんも大した設定は行わずに
インストールしてペタッと張り付けて使用しているだけです。
(インストールから設定まで2分もあれば終わります)

 

使用しているテーマ(テンプレート)によっては
デフォルトでこのような機能が使える場合もありますが
お使いのテーマにこのような機能が設置されていない場合は
使い勝手がいいプラグインとなるのではないでしょうか。

List category postsの活用方法

List category postsはアイディア次第で色んな使い方が可能ですが
たつもんは「おすすめ記事一覧をサイドバーに設置」目的での活用を推奨します。

 

読んでもらいたい渾身の一記事をまとめた
「おすすめ記事」というカテゴリーをあらかじめ用意しておいて
その一覧記事をサイドバーに設置しておくという考え方です。

その理由はこちらも参照:Word Pressブログ価値あるPVアップ方法

 

無差別に色んな記事を表示するよりも
「力を入れた力作記事」を読んでもらう目的で使用する方が
価値あるPVアップ実現に役立つのではないかと思います(^ω^)

List category postsの使い方・設定方法

List category postsを導入する手順

1・管理メニューの「プラグイン」の「新規追加」

2・検索窓に「List category posts」と入力

3・List category postsを「今すぐインストール」&有効化

List category postsの設定方法

左メニューの「設定」にList category postsの設定項目があります。

List category postsを投稿記事内に使うなら
一覧記事に表示する記事数を指定することが可能です。

 

まぁしかし、たつもんのようにサイドバーのみで使用するなら
とくに設定せずにスルーしてしまってOK。

List category postsを投稿記事内で使う

投稿記事、固定ページ内でList category postsを使う場合は
任意の箇所に下記ショートコードを記載すればOKです。

(●にはカテゴリーのIDの数字を半角で入れる)

 

ショートコードを記載した箇所は以下のように表示されます。

※カテゴリーIDの調べ方

「投稿」メニューの中にあるカテゴリーを見てみましょう。

IDを調べたいカテゴリータイトルの上にマウスをもってくると
下記のように文字列が表示されます。赤枠の部分がIDの数字です。

List category postsをサイドバーで使う

List category postsはウィジェット(サイドバー)に表示できます。

 

「利用できるウィジェット」にList category postsがあるので

 

ドラックしてサブコンテンツバーに追加しておきましょう。

 

各パラメータを設定してカスタマイズできます。

 

SNSでつぶやく話題にどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

たつもん

「好きなことで暮らす」を合言葉に14歳で学校をやめ、19歳で趣味を仕事にしはじめる。

インターネットで「暮らしの雑学」を発信しつつ、クリエイター(販売者)とファン(お客)を繋げる活動に注力している。

【以下、これまで仕事にしてきた趣味】
プロ漫画読み・絵描き・ゲームクリエイター・映像クリエイター・ゲーム実況者・作曲家・作詞家・編曲家・パフォーマー・ビジネスコンサルティング・販売アドバイザー