アフィリエイトで100万円稼ぐまでにやったことを手短にまとめた

脱サラぐらし!とは
このサイトは会社に頼らず自由に暮らす方法を「わかりやすく」「ゆるく」「楽しく」お届けする情報サイトである。
たつもん
アフィリエイトで月100万円稼ぐためにやったことを手短にまとめたぞ。

真似してやってみてくれ

ミア
じっくり学びたい方は以下も合わせて読んでみてくださいね

【プロが語る】アフィリエイト収入の伸ばし方3ポイント

2018.03.13

1・読者の動きをコントロールする仕組みづくり

たつもん
まず1~5のように仕組みを作る
  1. ジャンル決める
  2. 売る商品決める
  3. 商品紹介記事を書く
  4. 商品を買いそう人を狙って記事を書く(70記事ほど)
  5. どの記事に訪れても10%が『3』に進むよう構成

 

多くの人がやっていないのは『5』

どのメディアにおとずれた読者もかならず『3』に導くようにしよう。

 

読者を自由に歩かせてはいけない。

運動会の行進のように入場ゲートはバラバラでも通る道と退場ゲートは統一するのだ。

 

2・数字をみて穴をふさぐ

たつもん
ぶっちゃけ、あとやるのは『シュミレート』だけ

あなたは日頃から以下のようなことを考えているだろうか。

数字シュミレーション
  • 1日何本商品を売れば月100万円になるだろう
  • 1日何人にアフィリエイトリンクをクリックしてもらう必要があるだろう
  • 1日何人に『3』を見てもらう必要があるだろう
  • そのために1日何人ブログを見てもらう必要があるだろう
ちなみにウェブセールスの平均成約率は1%

よほど無茶な商品(あるいは見込み違いのお客)じゃなければ100人に1人は買ってくれる計算だ

たつもん
計算すると目標達成に必要な数がわかるんだ

※↓誤字訂正『✕常に』『〇月に』↓

月100万円稼ぎたいなら瞬時にこれらの数字が頭に浮かばないといけない。

 

というか、いつもいつでも頭に浮かんでないといけない!

 

たつもん
「数字は苦手なので…」との意見を聞くこともあるが、眠たいことを言うのはやめよう。

呼吸するのと同じぐらい無意識に目標を目指さなくてはいけない。

そして目標とは雲の向こうの幻想ではなく具体的に見える数字なのだ。

 

やることを増やすな!減らしていけ!

以上が作者がアフィリエイトで月100万円稼ぐまでにやったことだ。

あまりにあっけなすぎて拍子抜けしたかもしれない。

 

しかし必要となる集客数などは売る商品や成約率により異なる。

すなわち、全員に共通して話せる戦略はここまでということだ。

あとは個々に異なった戦略、改善を図っていく必要がある。

シンプル・イズ・ベストなのである

そもそもビジネスはスポーツ以上にシンプル・イズ・ベスト。

例えば冒頭で解説した1~5をカンペキにこなせる人はまず間違いなく稼げる。

たつもん
月100万円稼ぐには、大がかりな準備や秘密の情報が必要とおもう方々もおおい。

夢を壊すようで悪いが、結果を出すためにウルトラCなどないのだ。

 

1万円稼ぐことを月に100回おこなう!それだけ!

 

それが真実なのである。

 

月1万円稼いだ経験がない方はまず1万円稼ごう、そして数字を改善しよう。

1円も稼いだ経験がない方はまず1円でも稼ごう、そして同じく数字改善しよう。

 

たつもん
荷物は必要最低限で構わない。

やることを増やさず、減らすことでビジネスをかんたんにしよう

本日のまとめ

では、今日の内容をまとめよう

アフィリエイトで月100万円稼ぐためにやったこと
  1. ジャンルを決める
  2. 売る商品を決める
  3. 商品を売るための記事を書く
  4. 『3』を買いそうな人に向けて記事を書く
  5. すべての記事におとずれた読者を『3』に導く
  6. 入口はバラバラでも出口は統一する
  7. 目標達成に必要な数字をつねに知っておく
  8. 穴があれば改善を繰り返して目標に近づける
ミア
ダンケシェーン!ありがとうございました

SNSでつぶやく話題にどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

たつもん

「好きなことで暮らす」を合言葉に14歳で学校をやめ、19歳で趣味を仕事にしはじめる。

インターネットで「暮らしの雑学」を発信しつつ、クリエイター(販売者)とファン(お客)を繋げる活動に注力している。

【以下、これまで仕事にしてきた趣味】
プロ漫画読み・絵描き・ゲームクリエイター・映像クリエイター・ゲーム実況者・作曲家・作詞家・編曲家・パフォーマー・ビジネスコンサルティング・販売アドバイザー